防弾少年団、悪質なネットユーザーに罰金刑も…さらなる強硬な対応を予告「善処はない」

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
防弾少年団が悪質なネットユーザーたちに対して、改めて強硬な対応を予告した。

Big Hitエンターテインメントは26日、ファンコミュニティを通じて防弾少年団に関する虚偽事実の流布、侮辱及び名誉毀損などにあたる掲示物に対する法的対応の進行状況を知らせた。

これによると、捜査機関で悪意のある掲示物を作成した多数の被疑者の身元を確保し、その結果、被疑者のうちほとんどが捜査機関の調査を受けたり、または調査を控えており、一部は罰金刑の宣告を受けた。

所属事務所は「今後もファンの方々の情報提供資料と自社でのモニタリングを通じて継続的かつ定期的に法的対応を行う予定だ。これまでの原則のように、今後行われる告訴過程でも合意や善処はない」と強調した。

防弾少年団、わずか3公演で経済効果は870億円!?世界に広がる影響力に注目

防弾少年団、2020年4月に新しいツアー開催?予告イメージ公開でファンがさまざまな推測

【Big Hitエンターテインメントの公式コメント全文】

こんにちは。Big Hitエンターテインメントです。

弊社は防弾少年団に対する悪意のある誹謗中傷、虚偽事実の流布、侮辱及び名誉毀損にあたる掲示物に対して定期的に法的対応を実施しています。

これに関する進行状況をお知らせします。

2018年11月と2019年8月に告知したように、ファンの方々からの情報提供と自社でのモニタリングを通じて収集した証拠資料を捜査機関に提出し、捜査機関では悪意のある掲示物を作成した多数の被疑者の身元を確保しました。

その結果、被疑者のほとんどが捜査機関の調査を受けたり、または調査を控えており、一部は罰金刑の宣告を受けました。

捜査機関の要請により、具体的な過程や進行状況を公開することは難しいですが、処罰は順次行われています。

また内部で樹立した定期の法的対応手続きによって、今年下半期に新たに確保した悪質な掲示物の資料をもとに告訴状を提出し、捜査機関で最近、正式捜査に突入しました。

このような悪質な掲示物に対する法的対応は、弊社の法務チームで主管して行っています。

ファンの方々など第三者が提起する告発は、被害者であるアーティストが自ら警察に出席し、調査を受けるのが原則であるため、アーティストの忙しいスケジュールを勘案すると、難しいのが現実です。

これにより、個人または団体など、第三者の告発に対する事務所レベルの協力、支援は難しいという事実をお知らせします。

弊社は今後もファンの方々の情報提供資料と自社のモニタリングを通じて継続的かつ定期的に法的対応を行う予定です。

特に来年からは法的対応の周期を短縮して、より強硬にアーティストを保護する計画です。

Big Hitの法的対応アカウントに、積極的な情報提供をお願いします。

これまでの原則のように、今後行われる告訴過程でも合意や善処はありません。

アーティストの権益保護のため、努力し続けます。

ありがとうございます。

記者 : イ・スンギル