NCT 127、初の日本アリーナツアーが大阪で幕開け!メンバーの地元開催に「感慨深い」

KSTYLE |

写真=田中聖太郎
多様な国籍のメンバーで構成されたK-POPボーイズグループNCT 127が、12月18日、19日の二日間に渡って大阪城ホールにて公演を行い、自身初の日本アリーナツアー「NCT 127 Arena Tour ‘NEO CITY : JAPAN – The Origin'」の幕を上げた。

アルバム「NCT #127 WE ARE SUPERHUMAN」がビルボードメインチャート「ビルボード200」で11位を記録。世界各国のイベントへクイーンやケイティ・ペリーなどのスター達と肩を並べての出演を次々と決定するなど、世界が注目しているグループNCT 127。その人気のきっかけともなったのが、今年1月の韓国公演を皮切りに世界10ヶ国26都市37公演をめぐり、世界中を熱狂させた超ロングワールドツアー「NEO CITY - The Origin」だ。

今回の「NCT 127 Arena Tour ‘NEO CITY : JAPAN – The Origin'」は、その「NEO CITY - The Origin」をグレードアップさせた内容となり、グローバルアーティストとして勢いを増すNCT 127の今を魅せた。

写真=田中聖太郎
「NEO CITY - The Origin」ツアー中にリリースされた「Wakey-Wakey」「Superhuman」「Highway to Heaven」など、今年の彼らを象徴するようなダンスナンバーはもちろんのこと、「No Longer」をはじめとした珠玉のミディアムチューンのセクションも充実の内容で披露。

また、メンバーのテヨンが作曲し、アメリカでレコーディングしたというテヨン&マークによる新曲ラップナンバーも披露され、ダンス、ヴォーカル、ラップ、曲、ルックスまで、全方位に死角のない最強K-POPアーティスト像を披露した。

圧倒的なパフォーマンスに湧く満場のファンを前に、出身地への凱旋公演となった日本人メンバー、ユウタは「大阪城ホールは目標の1つでした。感慨深い気持ちです。大阪に来るたびに暖かく迎えてくれてありがとうございます」とコメントした。

写真=田中聖太郎
セットリストからも日本のファンへ感謝の気持ちを伝えるかのように、「Kitchen Beat」「Long Slow Distance」「End to Start」など、日本オリジナルアルバム「Awaken」収録楽曲が初パフォーマンスされ、会場はどよめきと歓喜に沸いた。

大熱狂のライブの最後に、ドヨンは今年の10月から勉強しているという日本語で「ファンの皆さんが僕たちを応援してくれるように、僕たちもみなさんを応援していることを伝えたいです。いつも本当に……、本当にありがとうございます」と流暢に話し、本ツアーへの気合をアピールした。

本ツアーチケットは東京公演は全日即ソールドアウト、地方公演も残りわずかとのこと。世界を股にかけて快進撃を続ける彼らの、貴重な日本公演を目撃するチャンスを見逃せない。

写真=田中聖太郎

■公演情報
「NCT 127 Arena Tour ‘NEO CITY : JAPAN – The Origin'」
【福岡】会場:マリンメッセ福岡
2020年1月4日(土)OPEN 16:00 / START 17:00
2020年1月5日(日)OPEN 15:00 / START 16:00

【新潟】会場:朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
2020年1月18日(土)OPEN 16:00 / START 17:00

【東京】
2020年2月22日(土)OPEN 16:00 / START 17:00
2020年2月23日(日)OPEN 15:00 / START 16:00
2020年2月24日(祝・月)OPEN 15:00 / START 16:00

<チケット>
購入先:https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1945931

■関連リンク
公式サイト:https://nct-jp.net/

記者 : Kstyle編集部