「ノクドゥ伝」5urprise カン・テオ“唯一のキスシーン…チャン・ドンユン兄さんがリードしてくれました”

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
5urprise カン・テオの演技のターニングポイントになったのは韓国・ベトナム合作ドラマ「今日も青春」だ。主人公ジュンス役を務めた彼は、リング(Nha Phuong)とのメロ演技で“ベトナムのプリンス”に浮上した。時間が経ち、彼はKBS 2TV「朝鮮ロコ-ノクドゥ伝」でもう一度ターニングポイントを迎えた。

「朝鮮ロコ-ノクドゥ伝」でカン・テオはトン・ドンジュ(キム・ソヒョン)だけを愛するチャ・ユルム役を演じ、チョン・ノクドゥ(チャン・ドンユン)と愛のライバル関係を形成した。そして自身がヌンヤン君(後日の仁祖)だと正体を明かして、驚きの反転を与えるとともに叔父のクァンへ(チョン・ジュノ)に構えながら強い印象を残した。

最近、ソウル江南区論硯(ノンヒョン)洞のあるカフェで行われたインタビューでカン・テオは「『朝鮮ロコ-ノクドゥ伝』に出演しながら今年を過ごしました。打ち上げの時、最終回を見ながら最後だと実感しました。また、KBSドラマに出演するのは初めてだったので、2019年月火ドラマの最後を僕が飾ったと思うと光栄でした」と感想を明かした。

「朝鮮ロコ-ノクドゥ伝」は映画「風水師 王の運命を決めた男」に続く2番目の時代劇だが、カン・テオは今回の作品がはるかに難しかったと述べた。彼は「懐平君(フェピョングン)を演じた時は、たどたどしい話し方など細かい部分に気を配りました。それに比べてユルムは内面の感情がもっと深かったですし、トン・ドンジュカップルのラブコメ雰囲気とは差別化を測らなければならなかったです。そしてユルムは実際の王様じゃないですか」と打ち明けた。

続いて「急変する姿もあったので、視聴者の皆さんにどう納得させればいいか悩みました。ドンジュに対するユルムの愛情からスタートし、ストーリーが進むにつれて王位と愛の間で悩む人物に設定しました。最初から仁組を意識して接近したら、見る人々が違和感を感じたと思います」と説明した。

その結果、カン・テオは優しい男から執着する男、野望のある男まで様々なイメージを披露し「カン・テオの再発見」という好評を受けた。特に視聴者に衝撃を与えたがらっとキャラクターが変わったシーンは放送直後に話題となり、仁組とヌンヤン君がポータルサイトのリアルタイム検索ワードランキングの1位にランクインすることもあった。 

これに対してカン・テオは「こんなに話題になるとは思わなかったです。リアルタイムの反応は非常に驚いた雰囲気でした。ユルムが降板し、ヌンヤン君が新しくキャスティングされたというコメントもあった。所属事務所の人たちは『ヌンヤン君様、いらっしゃいましたか』と挨拶してくれた」と笑いながら言った。

彼は同僚の俳優たちに花を持たせた。カン・テオは「チョン・ジュノ先輩にたくさん助けられました。先輩が優しく時代劇演技のコツをたくさん教えてくれて、緊張をほぐすことができました。そのおかげでうまく対称的な構図になったんだと思います」と説明した。

そして三角関係を描いたチャン・ドンユン、キム・ソヒョンへの感謝も忘れなかった。カン・テオは「ドンユン兄さんは、友人のように人を楽にさせてくれる魅力を持っています。お互いに『ハニー』と呼ぶほど楽に過ごしました」と明かした。

続いて「ソヒョンは情熱的で、学ぶところの多い同僚でした。普段は白い犬のような親しみを持っている晴れやかな妹ですが、撮影に入ると人が変わります。瞬間的な集中力が高すぎて驚くことが多かったです」と付け加えた。

この日、カン・テオは作中に登場する唯一のキスシーンである、チャン・ドンユンとのキスシーンのビハインドストーリーを打ち明けた。彼は「僕にとってはとても重要なシーンでした。普段塗らないリップも塗りましたが、ドンユン兄さんは『伝統的な雰囲気を出さなければならない』と高麗人参のキャンディーを食べました。ドンユン兄さんがたくさんリードしてくれました」と振り返った。

またキスに先立って繰り広げられた走るシーンについても語った。カン・テオは「ドンユン兄さんが『走りに自信があるから一度競争してみよう』と言ったので、僕も運動が上手な方だし、負けず嫌いなので全力で走りました」と付け加えた。

今年の「KBS演技大賞」授賞式でチャン・ドンユンとのベストカップル賞受賞の可能性に対して「ユルムが当時、ノクドゥに魅了されたようです。ですが、この部門はトン・ドンジュカップルに譲ります。僕は王になっただけで非常に満足しています」と話した。

カン・テオは自身が竹の森で拉致されるシーンが一番記憶に残っていると言い、視線を集めた。彼は「今までユルムが悪いことをしながら危機を迎えるたびに、うまく避けてきました。そのシーンでノクドゥに殴られて、僕も視聴者の立場で没入して痛快さを感じました」と笑った。

続いてユルムの護衛武士パク・ダンホ(ファン・イニョプ)が死ぬシーンが悲しかったと明かした。カン・テオは「ユルムが唯一信頼した人物で、実際にイニョプ兄さんと息を合わせながら切ない感情になりました」と話した。

彼は「ダンホは無表情で冷静だが、イニョプ兄さんはとても優しく温かい人です。いつも本放送が始まるたびに先にメールを送ってくれて、たくさん応援してくれました。(イニョプ兄さんが)『朝鮮ロコ-ノクドゥ伝』が正式に演技をする初めての作品だと言うので、僕も力になってあげようと努力しました」と説明した。

チャ・ユルムが人生キャラクターになれそうかという質問に、カン・テオは「今まで経験できなかった新しさを与えてくれたキャラクターで、大切でありがたかったです。ですが、人生キャラクターと評価するのは大衆の役割だと思います。自分が断定するには、まだ歩むべき道が長いです」と謙遜とした態度を見せた。

では、カン・テオが今後チャレンジしたい配役はなんだろうか。彼は両思いロマンスをやりたいと答えた。カン・テオは「片思いはもうやめたいです。『初恋は初めてだから』を除くと、大体好きな異性の後ろ姿ばかり見つめていました。ユルムが王になっても表情が良くない理由は、ドンジュを失ったからです」と笑いながら話した。

続いて「ノクドゥとダンホの難易度の高いアクションを見ながら、機会があったら一度やってみたいと思いました。チャン・ヒョク先輩が演じた『チュノ~推奴~』のテギルのような強烈なキャラクターが好きです」と付け加えた。

写真=ムン・スジ

記者 : ソク・ジェヒョン