ASTRO「アイドルラジオ」に出演…愛嬌から演技まで抜群のタレント性を披露

OSEN |

写真=「アイドルラジオ」
ASTROが「アイドルラジオ」に出演し、情熱とタレント性を余すところなく披露した。

韓国で27日に放送されたMBC標準FM「アイドルラジオ」は、gugudan ミナが司会進行を行う中、ASTROが出演した。

この日、ASTROは夢幻的な群舞が際立つタイトル曲「Blue Flame」のステージで幕を開けた。ASTROは、新曲を「青い炎のように熱情の限界を越えて異性に近づくという抱負を込めた素敵な楽曲」と紹介した。

ASTROはリスナーに収録曲を紹介する時間も設けた。MJは収録曲「All About You」について、「うちのAROHA(ASTROのファン名)が全てだという意味を込めた楽曲だ。皆さんもこの歌を聴いて、皆でASTROのファンになれる」と自信を見せた。

この曲のラップメイキングに参加したジンジンとラキは「ラップメイキングはそれぞれやって録音スタジオに入ってお互いのものを聴いた後、どっちがよいか作曲家と調整する」と制作の過程も公開した。ラキが作詞・作曲に参加した楽曲「When The Wind Blows」について、ラキは「初めて作曲してASTROのアルバムに収録することになったが、言葉通り冷たい風が吹けば君を思い出すという内容の歌だ」と説明した。

また、ラキは「ユン・サナが僕が思っていたことを最もよく表現した」と称賛した。MJは「ユン・サナが今年成人したが、最近感性が特別だ」と話した。これに対し、ユン・サナは「寝るときに考えが多くなる。それで一人で泣いたりする」と話し、ファンを驚かせた。

「アイドルラジオ」のメインコーナー「メドレーダンス」で、ASTROのメンバーらはASTROの「告白」「Again」「All Night」に合わせ、カリスマ性あふれる群舞を披露した。

ASTROはこの日、それぞれ愛嬌や演技、ファンへの愛、高音の実力を証明する時間を持った。愛嬌専門のユン・サナは「クマ3匹」を歌いながらキュートな愛嬌を披露した後、EXOの「Love Shot」をカバーし、反転した魅力を披露した。

ウェブドラマ「ソウルプレート」に出演したMJは、りんごを食べる演技を披露しながら「人生が演技だ」と冗談を言い、スタジオを笑いの渦に巻き込んだ。MJはPosition(イム・ジェウク)の「I Love You」をライブで熱唱し、拍手を受けた。

ジンジンは「前のアルバムで『みぞおちセクシー』を担当してたが、今回のアルバムではもうちょっと露出がある。それで『胸部セクシー』だ」と自身を紹介し、ソロ曲「Mad Max」を歌いながらセクシーな魅力を誇った。

ラキはZion.Tの「No Make Up」で歌唱力を誇り、TWICEの「What is Love?」「FANCY」、I.O.I出身キム・チョンハの「Snapping」「もう12時」、SHINee テミンの「MOVE」に合わせ、素敵なダンスの実力も誇った。

「アイドルラジオ」は、毎日午前1時から2時までMBC標準FM(ソウル・京畿95.9MHZ)、MBCラジオアプリケーションminiで放送されている。

記者 : シム・オンギョン