チャン・グンソク、カリスマ性あふれる目力演技に胸キュン!「スイッチ~君と世界を変える~」特典映像よりメイキングの一部を公開

KSTYLE | |PR



チャン・グンソク主演! 天才詐欺師×堅物エリート検事の痛快エンターテインメント「スイッチ~君と世界を変える~」が12月4日(水)よりTSUTAYA先行でDVDレンタル&発売開始、さらにTSUTAYA TVでも先行配信中だ。このたびDVDリリースを記念して、カリスマ性あふれるチャン・グンソクの“目力演技”に胸キュン必至の舞台裏映像の一部が公開された。

悪人を狙う天才詐欺師サ・ドチャンを演じるチャン・グンソク。検事になりすまして詐欺を働くシーンの撮影準備中に、難しい法律用語のセリフを何度も繰り返し声に出して覚える姿は真剣そのもの。本番では、セリフだけでなく、目での演技もカッコよく決め、監督からは「いいですね!」と一発OK。

さらに別のシーンでは「きれいな笑顔で」という監督の要望に、完璧に応えるチャン・グンソク。また検事を装って、賭博場に踏み込むシーンでは、刑事役の俳優たちのアクションのリハーサルを眺めながら「怪我なく終わりますように!」と気遣う一言が。本番では、刑事役の俳優の指示を出し、カリスマ性溢れる目力の演技を完璧にこなすチャン・グンソクに胸キュン必至となっている。

今回チャン・グンソクが「テバク~運命の瞬間(とき)~」以来、約2年ぶりのドラマ復帰、入隊前最後の作品となった本作では、言葉巧みに罠を仕掛ける天才詐欺師のサ・ドチャンと冷静で正義感あふれる検事のペク・ジュンスの2役を熱演。

詐欺師と検事という180度正反対のキャラクターを完璧に演じ分けるために表情や口調など絶えず研究を重ね、監督とも何度も話し合ったという。法律用語や医療用語についても勉強し、脚本家と用語の相談をしながら撮影に臨んだ彼のストイックな役作りがドラマの世界観をよりリアルなものに。両極端な2人を演じ分けるグンソクの幅広い演技力は必見だ。

先輩検事ジュンスに憧れを抱き、ドチャンとの最高のケミを見せるヒロイン・ハラには様々なドラマや映画で多彩な演技を見せる実力派女優のハン・イェリ。ドラマ「恋のドキドキシェアハウス~青春時代~」「六龍が飛ぶ」、映画「殺戮にいたる山岳」や「ワンナイト・カップル」など数々のドラマや映画で実力を認められてきた彼女らしく、キャラクターの性格に合わせてばっさりと髪を切るなど、外見にも変化をつけることで豪快で熱意あふれるハラを好演。台本を徹底的に分析したというイェリは、正義感あふれ、いつでも一生懸命でどこか可愛らしいヒロイン像を作り上げ、絶賛された。

脚本は「怪しい家政婦」や「最強!チル」を手掛けたペク・ウンチョルがキム・リュヒョンと筆を執り、演出は「野獣の美女コンシム」や「耳打ち」を共同演出したナム・テジンとのフレッシュなタッグ。演出のナム・テジンにとってミニシリーズ初になる本作「スイッチ~君と世界を変える~」は、初回放送から同時間帯視聴率1位という快挙を記録。

メイキングの続きと、どんなシーンに仕上がっているのか気になる本編はDVDで要チェックだ。

■商品情報
「スイッチ ~君と世界を変える~」

【レンタル】
TSUTAYA先行レンタル
・Vol.1~7 :2019年12月4日(水)
1話約40分/各巻2話収録
※Vol.6のみ1話+特典映像

・Vol.8~14:2019年12月25日(水)
1話約40分/各巻2話収録
※Vol.10、14のみ1話+特典映像

【セル】
・DVD-BOX1
発売日:2019年12月4日(水)
価格:14,400円+税
第1話~第8話/5枚組(本編4枚+特典1枚)本編計 484分+特典(予定)

映像特典:台本読み/ティーザー撮影/制作発表会
メイキング PART1/ショート・メイキング PART1
封入特典:ブックレット

・DVD-BOX2
発売日:2019年12月25日(水)
価格:14,400円+税
第9話~16(最終話)/5枚組(本編4枚+特典1枚)本編計 493分+特典(予定)

映像特典:メイキング PART2、PART3/ショート・メイキング PART2
チャン・グンソク撮り下ろしインタビュー
封入特典:ブックレット

【レンタル・セル共通仕様】
カラー/16:9LB/ドルビーデジタル 2.0ch ステレオ
字幕:日本語字幕 /音声:オリジナル韓国語/レンタル片面 1 層/セル片面 2 層

製作年:2018年/⒞SBS
発売・レンタル発売元:PLAN Kエンタテインメント
セル販売元:TC エンタテインメント
※TSUTAYA TVにて先行配信中

■関連サイト
公式サイト:https://culture-pub.jp/switch
予告編:https://youtu.be/3us7XDnIrW4

記者 : Kstyle編集部