パク・ジョンミン&チョン・ヘイン&マ・ドンソク出演、映画「始動」個性溢れる予告ポスターを公開

TVREPORT |

写真=NEW
映画「始動」がユニークで温かい相乗効果で期待を集めている。

「始動」は、正体不明のおかっぱ頭のシェフであるゴソク兄さん(マ・ドンソク)に会った中途半端な反抗者テギル(パク・ジョンミン)と、何も考えず社会に飛び込んだ意欲十分の反抗者サンピル(チョン・ヘイン)が、現実世界を痛感する愉快な物語を描いた作品だ。

今回公開されたポスターは、現実世界の前に立った個性溢れるキャラクターの多彩なケミ(ケミストリー、相手との相性)を捉え、視線を集めた。

ゴソク兄さん(マ・ドンソク)の懐で明るい笑顔を見せるテギル(パク・ジョンミン)を捉えたポスターは、反抗心溢れるテギルと彼に人生の醍醐味を教えるゴソク兄さんの愉快なケミで視線を集めた。

同じ場所を見つめているテギルとサンピル(チョン・ヘイン)のポスターは、勉強も反抗もすべてが下手だが一緒なら世の中に怖いものがない親友を表現し、二人が描いていくストーリーに期待を集めた。

テギルと彼を心配そうな目で見ている母ジョンへ(ヨム・ジョンア)のポスターは「いつ一人前になるの?」というキャッチコピーと相まってリアルな親子を表現し、共感を得た。強烈な赤髪とサングラスで視線を集めたギョンジュ(チェ・ソンウン)とテギルのポスターは「何をそんなに見ている?」という唐突なキャッチコピーとともに厳しい現実世界で出会ったキャラクターたちが展開するハプニング満載のストーリーへの関心を集めた。

映画「始動」は12月18日に韓国で公開される。

記者 : キム・スジョン