ハン・ジミン&ナム・ジュヒョク&キム・ヒャンギら、ギャップの魅力あふれるグラビア撮影のビハインドカットを公開

OSEN |

写真=「HIGHCUT」
ハン・ジミン、ナム・ジュヒョク、ユン・ジョンビン監督、キム・ヒャンギ、キム・ダミのグラビア撮影現場のビハインドが公開された。

マガジン「HIGHCUT」は最近、今年の「青龍(チョンリョン)映画賞」に先立って、昨年行われた「2018青龍映画賞」の受賞者たちによるカリスマ性あふれる団体グラビアと、意外性のある魅力のビハインドカットを公開し、愉快だった現場の雰囲気を伝えた。

先立って公開された表紙グラビアでは、黒いドレスとタキシードスーツの衣装を身にまとってクラシックな雰囲気をアピールしたとすれば、今回公開した団体グラビアとビハインドカットでは、個性あふれるモノトーンのスーツと、これまで見たことのない俳優たちの組み合わせで、一風変わった雰囲気を醸し出した。

ビハインド写真には、撮影に集中する俳優たち、ユン・ジョンビン監督のプロフェッショナルな姿と共に、仲睦まじいチームワークがそのまま収められた。JTBCドラマ「まぶしくて」で共演したハン・ジミンとナム・ジュヒョクは、ぴったりのケミ(ケミストリー、相手との相性)を誇るだけではなく、圧倒的なビジュアルですべてのカットをベストカットにした。

ユン・ジョンビン監督とキム・ヒャンギ、キム・ダミまで、忠武路(チュンムロ:韓国映画の代名詞)の世代を網羅する3人のグラビアカットでは、キム・ヒャンギとキム・ダミの特有の明るいエネルギーがスタジオ全体を盛り上げた。

特に、俳優たちに比べてグラビア撮影は不慣れなユン・ジョンビン監督も、いざ撮影が始まると、リラックスした様子で体の緊張を解いた。もちろん、写真撮影が終わった後のインタビューでは「全然楽じゃなかった。経験もなく、ぎこちなくて大変だった」と笑顔を見せた。

ハン・ジミンとナム・ジュヒョクを除いては、作品で会ったことがなかった彼らだったが、撮影の合間に会話をするなど、親しげにグラビア現場の雰囲気に溶け込んだ点も目を引く。ユン・ジョンビン監督は「4人とも本当に素晴らしい俳優だ。ジミンさんやジュヒョクさんは言うまでもないし、キム・ダミさんも昨年『魔女』という映画ですごく印象深く見た。キム・ヒャンギさんも『神と共に』と、最近の『無垢なる証人』まで本当に良かった。機会があれば、4人全員とぜひ撮影をしてみたい」とし、愛情を表した。

記者 : パク・パンソク