キム・ヒエ、映画「ユニへ」で日本人女優の中村優子と共演“しっかりしなきゃと思った”

Newsen |

写真=ユ・ヨンジュ
キム・ヒエが、日本人女優の中村優子との共演に対し「しっかりしなきゃと思った」と伝えた。

キム・ヒエは本日(5日)午後2時、ロッテシネマ建大入口(コンデイック) 店で行われた映画「ユニへ」のマスコミ配給試写会で日本人女優の中村優子と共演した感想を語った。

この日、キム・ヒエは「言葉が違って会話する機会が少なかった」としながらも「目つきを見たら、真剣に演じることが分かって『しっかりしなきゃ』と思った。『あの方は、こんなに頑張って、役に入り込もうとしてるのに』と思った」と振り返った。

キム・ヒエは「最初にご覧になってお分かりになると思うが、会うシーンが短くてどうすればよいか悩んだが、とても深い目と感性を持っていた。大変お世話になったし、私もその方にお見せしなきゃと思ってできるだけ集中してそのシーンに没入しようとした覚えがある」と打ち明けた。

「ユニへ」は、偶然に届いた1通の手紙を受け取ったユニ(キム・ヒエ)が、忘れていた初恋の記憶を求め、雪原が広がる場所へ旅立つ感性溢れるラブストーリーを描いた映画で、韓国で11月14日に公開される。

記者 : パク・アルム