イ・ハニ、映画「ブラックマネー」に出演…エリート弁護士役でイメージチェンジを予告

OSEN |

写真=「ブラックマネー」スチール写真
映画「エクストリーム・ジョブ」とドラマ「熱血司祭」で大活躍したホットな女優イ・ハニが、「ブラックマネー」で冷徹なエリート弁護士役を演じ、注目を集める。(提供/配給:エースメーカームービーワークス、制作:チルララビ、AURA PICTURES、監督:チョン・ジヨン)

2019年、映画「エクストリーム・ジョブ」とドラマ「熱血司祭」でホットな女優に浮上したイ・ハニが、映画「ブラックマネー」で帰ってくる。映画「ブラックマネー」は捜査のためなら何でもするヤン・ミンヒョク検事が、自身が捜査を担当した被疑者の自殺で苦境に立たされ、汚名を晴らすため事件の内幕を暴く過程で巨大な金融不正の実体と向き合うことから繰り広げられる話を描く。

1600万人の観客を動員し、歴代韓国映画興行ランキング2位になった映画「エクストリーム・ジョブ」で麻薬班の万能解決師チャン刑事役に扮して熱演し、激しいアクションとコメディ演技を披露し、人々から愛されたイ・ハニ。それから22%の高い視聴率を記録した人気ドラマ「熱血司祭」で憎めない魅力を持った熱血検事パク・ギョンソン役に扮し、堂々とした魅力で視聴者を魅了し、2連続ヒットに成功した彼女が映画「ブラックマネー」でイメージチェンジを予告する。

生まれた時からエリートの道を歩んできた韓国最大手法律事務所の国際通商弁護士で、大韓銀行の法律代理人キム・ナリ。冷徹な理性と判断力でいつも揺るがず、自身だけの信念を守ってきた彼女は、大韓銀行売却事件を暴くヤン・ミンヒョク検事(チョ・ジヌン)に出会い、自身が信じていた確信が疑いに変わってから彼と協力を始める。状況を冷徹に判断し、大胆な取引をするスーパーエリート弁護士キム・ナリに扮し、抜群のカリスマ性と堂々とした魅力を披露したイ・ハニは「普段からチョン・ジヨン監督をとても尊敬してきたが、映画に直接出演することになって光栄だ」と出演の感想を伝えた。

チョン・ジヨン監督は「イ・ハニにはすでにキム・ナリというキャラクターが隠れていた。これまでやってきた役とは全く異なる姿を見せてくれると思う」と伝え、彼女のイメージチェンジへの期待を高めた。

女優イ・ハニのイメージチェンジが確認できる映画「ブラックマネー」は、韓国で11月13日に公開される。

記者 : パク・パンソク