パク・ソジュン、イ・ビョンホン監督の新作「ドリーム」の主演に抜擢…危機に直面したサッカー選手を演じる

OSEN |

写真=Awesome ENT
歴代韓国映画興行ランキング2位、2019年最高のヒット作「エクストリーム・ジョブ」を演出したイ・ビョンホン監督の新作「ドリーム」(仮題)に、俳優パク・ソジュンがキャスティングを確定し、撮影の準備に入った。

2019年最高のヒット作「エクストリーム・ジョブ」のイ・ビョンホン監督と映画「使者」「ミッドナイト・ランナー」「ビューティー・インサイド」を通じて、さまざまな演技で変身を披露して好評を得たパク・ソジュンが、映画「ドリーム」に会う。「ドリーム」は、選手生活最大の危機に直面したサッカー選手ホンデ(パク・ソジュン)と、生まれて初めてボールに触る特別(?)な韓国代表選手たちのホームレス・ワールドカップ挑戦を描く愉快なドラマだ。

映画「過速スキャンダル」「サニー 永遠の仲間たち」「タチャ-神の手-」の脚色を通じて、早くも映画界の注目を集めたイ・ビョンホン監督は、2014年に血気盛んな二十歳の友人3人の話を描いたコメディ映画「二十歳」で300万人以上の観客を動員し、イ・ビョンホン流のコメディで観客を魅了した。

その後、今年1月イ・ビョンホン監督は1600万人の観客を動員したコミカル捜査劇「エクストリーム・ジョブ」で、歴代興行ランキング2位を獲得し、自他共に認める映画界で最も注目される監督として存在感を高め、JTBCドラマ「メロが体質」でフィット感に富んだ台詞と感覚的な演出力でお茶の間まで魅了した。

「ドリーム」はイ・ビョンホン監督が見せる、才気に富んだストーリーと感覚的な演出力、そして個性あふれるさまざまなキャラクターを通じた感動と愉快な笑いに対する期待で、早くも高い関心を集めている。

「ドリーム」を通じて、イ・ビョンホン監督と息を合わせる俳優パク・ソジュンは、予期せぬ事件に巻き込まれて懲戒処分中のサッカー選手ユン・ホンデ役を務める。急造されたサッカー代表チームの監督を務めて見せる、さまざまな感情と人物の成長過程を特有の魅力でこなすパク・ソジュンのキャスティングは、映画に対する信頼を高める。

「ドリーム」は2020年クランクインの予定だ。

記者 : チェ・ナヨン