【REPORT】NCT 127、初の日本ファンミーティングに熱狂!ゲーム対決で大はしゃぎ…アリーナツアー開催も電撃発表

KSTYLE |

撮影:Shinichi Kawashima

8月1日に日本公式ファンクラブ「NCTzen 127-JAPAN」(エヌシティズン イチニナナ ジャパン)を設立したNCT 127。それを記念して9月23日(月・祝)、幕張メッセ国際展示場7ホールにて日本で初となる「NCTzen 127-JAPAN 1st Meeting 2019 “Welcome To Our Playground”」が開催された。昼・夜の2回にわたって行われた公演のうち、夜公演の模様をレポートする。

会場の真ん中に正方形のセンターステージ、その周りを360度客席が囲むというステージ構成。電子チケットで、座席は当日の各公演の開場時間の2時間前に分かるというシステムゆえに、ファンたちは会場に入ってからその神ステージ構成に驚きと喜びの声をあげた。開始約20分前には、メンバーが天の声で「会いたかったです」「愛してるよ」「もう少しだけ待っていてください」「後ろを見て、嘘だよ~」と愛嬌満点の生アナウンスで盛り上げた。

「Welcome to My Playgroud」のイントロが流れると、なんとのっけからメンバーが8台のトロッコに乗り、私服風のカジュアルなファッションで登場。手を振ったり、しゃがみこんで近い距離でファンと目を合わせたりと、彼らのファンサービスに会場の熱気はいきなりマックスに。

トロッコがステージに到達すると、MCのアルコ&ピースが登場。NCT 127が日本を学ぶスクールバラエティー「NCT 127 おしえて JAPAN!」で講師を務めたアルコ&ピースとの再会に、メンバーは「先生!!」と喜んでハイタッチ。

自己紹介では番組内で伝授された“名前を使ったダジャレ自己紹介”を生披露。「ジャニーやっちまったにぃ~」「ぴたんぴょこんへっちゃんこ」「今日は、あマークしてやるぜ」「みなさんこんばんは! 僕は! ジェ、ジェ、ジェジェジェのジェ~、夜は墓場でヒョンヒョンヒョン。ジェヒョンで~す!」「好きになっテヨン」「ゆうた? ゆうてない? ゆうてない、ゆうた?」「北斗百れチュ拳、お前はもう惚れテイル」「もーいーかい、まーだドヨン」と元気に挨拶すると、ファンは大喜びで拍手と大歓声を送った。

ゲーム対決!チーム分けから大盛り上がり

ここからは2チームに分かれてのゲーム対決へ。勝利チームにはごほうび、負けたチームには厳しい罰ゲームが用意されているとのことで、気合が入るメンバーたち。まずはチーム分けをするために2択アンケートを実施。

“得意教科は、A文系、B理系”では、テイル、ジェヒョン、へチャンがBを選択。Aを選んだユウタは「中学の頃から文系のユウタと言われていた」とドヤ顔。理系を選んだ根拠を聞かれたジェヒョンは「小学校の時に大会に出たことがある。図形に自信がある」と答えると、ユウタから「そんなところを見たことがない」、MCからも「そんな大会があるのか?」とつっこまれて苦笑い。

“陸上で得意なのは、A短距離、B長距離”では、ドヨンのみがBを選択。テヨンは「どっちもダメ~」と言いながら、Aを選択した。Aを選択したマークは「長く走るのは身体がついていかない。短く強く走るほうが合っている」と回答。Bのドヨンは「どちらもしんどくてやりたくないけど、必死に走るよりは、気楽にゆっくり長く走るほうがいい」と回答。

“食べ物の好みは、A甘党、B辛党”は、テヨン、テイル、ドヨン、マークがA。ジャニー、ユウタ、ジェヒョン、ヘチャンがBを選択。スイーツ男子として有名なテヨンは「甘いものサイコー!」と笑顔。Bのユウタは「甘いほうが好きだったけど、今年から辛いものが好きになった。年をとったから……?」と理由を語った。

などなど、これらの2択アンケートをもとに、赤チームは、ジャニー、へチャン、マーク、ジェヒョン。青チームは、テヨン、テイル、ユウタ、ドヨンに決定。それぞれにチームカラーのリストバンドをつけると、気合十分でカメラに向かってポーズをとった。

撮影:Shinichi Kawashima
最初の対決は“ポーズを決めて、Twitter対決”と題し、4人で大きなハートを作った写真をオフィシャルTwitterにアップし、いいね! の数を競うもの。残念ながら会場に足を運ぶことができなかったファンも参加できるのもポイントだ。

最初にチャレンジした赤チームは4人が床に寝そべってハートをかたどると、下の尖った部分はへチャンが着ていたシャツを脱いで作るという小技もきかせて大きなハートを作った。対する青チームは、テイルがV字に足を開脚し、その足をユウタとテヨンが支える形で側面を作り、上の部分はドヨンがかわいらしく丸まって作りあげるという絶妙なチームワークを見せ、特にその姿勢から真顔でカメラ目線を送るテイルには観客もMCも大爆笑。ユウタが「僕らはファンも写真に写るようにした」と得意げに説明すると、MCに「その姿勢をお披露目するとは!」とつっこまれ、メンバーも大爆笑だった。

2つ目の対決は“カメラ目線でキメましょう! ドヤ顔バトル!”と題し、360度あちこちに設置されたカメラのうち、スクリーンに抜かれるカメラが2秒ごとに変わり、そのカメラを見つけ出してドヤ顔を決めた回数を競うゲーム。ステージ上をくるくると回りながらカメラを見つけては表情を作るメンバーたちのキュートな姿に黄色い歓声を上げるファンたち。

1人チャレンジするたびに、スクリーンにはリプレイ映像が再生され、自分がカメラを探して右往左往する姿を見たメンバーたちは「難しい~」「恥ずかしい~」と大爆笑。マークが10回、ドヨンが8回、ジャニーが10回、ユウタが9回、ジェヒョンが9回という結果を残す中、満を持してチャレンジしたのはテイル。腕を組んでドヤ顔をカメラに向けたかと思うと、ウィンクや投げキスまで繰り出して、11回の新記録を樹立した。

続いては「こういうのがうまい」とメンバーから期待を集めたヘチャン。「僕は自然な表情でいきます」と宣言すると、その言葉どおりにカメラを捉えてはナチュラルな表情を作り、テイルに並ぶ11回を達成した。トリをつとめるテヨンは、青チームが劣勢のために逆転を狙って気合十分。小刻みに回転しては見事にカメラを捉え、キス顔や花びらポーズまで決めると、記録はなんと13回!! 結果、この段階で赤チームが400ポイント、青チームはテヨンの大活躍によって410ポイントと一歩リードした。

撮影:釘野孝宏

“無人島に持って行くもの”をテーマに借り物競争

3つ目の対決は“みんなで協力! シュチュエーション借り物競争”と題し、メンバーがトロッコで会場を回り、ファンが持っているものの中から、お題に適したものを3つ借りるというもの。

テーマは“無人島に持って行くもの”で、ファンは次々と近くにやってくるメンバーに自分の持っているアイテムを頭上に掲げてアピール。制限時間の6分間メンバーの視線は、ファンにまんべんなく注がれるという、なんとも素晴らしい企画。制限時間が終わると、トロッコから降りたメンバーたちは、自分が借りたアイテムを披露し、MCが「〇×」の判定を下した。

「寂しさを考えて選んだ」というジェヒョンが取り出したのは、新聞紙とおもちゃの太鼓。MCは「ファンの方はなんで(太鼓を)持っていたんでしょう?」と不思議そう。ジャニーも「飛行機が通り過ぎた時に、役に立つかも」と称賛。ジェヒョンは「音楽が僕の人生」と得意げ。「新聞紙はいろんなことに使える」との評価で、MCの判定は「〇」に。

マークは水のペットボトル、時計に続いてスイカの形のポーチを見せると「スイカを食べて生きていきます。大好き」と笑顔。MCは「日数を把握することは必要」と、時計を選んだことを評価して「〇」と判定した。ヘチャンは「生き残れるものを選んだ」と説明し、ペットボトルの水とインスタントラーメンを選択。3つ目は黒の上着を選び「寒い時はかけられるし、暑い時は日よけになるし、水を浴びた時は身体を拭くことができる」と、納得の説明で、MCは「〇」の判定を。

ジャニーが選んだのは折り畳み椅子、USBスピーカー、お菓子。椅子に座って音楽を聴きながらお菓子を食べる様子を優雅に実演したジャニーに対し、メンバーたちは「無人島じゃなくて、リゾートみたい」とつっこみを。MCも「電源がないのにUSBスピーカーはない」と「×」と判定した。

「本当に必要なものを持ってきた」と自信満々のドヨンは、ライター、たけのこの里に続き、「最後はやっぱり愛する人でしょう」と、テイルのうちわをドヤ顏で披露。愛する人に選ばれたテイルは大喜びでバンザイするも、MCは「うちわが微妙だし、僕は“きのこの山”派なので」との理由で「×」判定を。

ユウタはノートパソコンに続き、一本満足チョコ味を取り出して「これで1ヶ月はいけます」と笑顔。3つ目の双眼鏡は「通り過ぎる船に向かって手を振る」と説明し、MCは「完璧です」と「〇」判定。

テヨンは借りてきた椅子に座って、帽子をかぶると、3つ目のアイテムとして取り出したのは、なぜか“中国語はじめの一歩”というテキスト。表紙に中国大陸の形が書かれていたために地図と勘違いしたとのことで、必死にテキストの文字を隠し「地図です」と主張する姿に爆笑が巻き起こった。そんなこともあって、判定は「×」に。最後のテイルは双眼鏡、バスタオル、ペットボトルという無難なアイテムを選び、「〇」の判定を受けた。

撮影:高村 祐介
赤チームが460ポイント、青チームが450ポイントとなったところで、次は“華麗に投げ入れろ! 玉入れバトル”へ。客席のところどころに10個のバスケットが設置され、メンバーはトロッコで移動しながら玉を入れるというゲームで、ファンは近くに来たメンバーが玉を入れるたびに大きな拍手と歓声でサポートした。制限時間が終ると、玉を赤と青に分けて大きなバケツに入れ、重さで勝敗を決める。まずは赤チームから計測することになると、4人は大げさにバケツを重そうに持って勝利をアピール。続く青チームも「うぉ~~~」と大げさにバケツを持ち上げて対抗。が、バケツの中にペットボトルの水を隠し入れて水増しをしようとしたことが発覚し、ペナルティとして玉を3つ没収される一幕も。

また、ジェヒョンは青チームの不正をうたがってバケツの中に手を入れるも、取り出したのは指で作ったハートで、ファンからは黄色い歓声が巻き起こった。計測の結果は、赤チームが4.55kg、青チームが4.75kgで、青チームの勝利。これによって赤チームは合計460ポイント、青チームは550ポイントとなった。

ここで、最初のTwitter対決の結果を確認することに。赤チームは15,587いいね、青チームは18,371いいねを獲得したため、総合で青チームの大勝利となった。青チームへのごほうびは大きさが違う4つの箱から選択。一番小さい箱を選んだテイルはクオカード1万円分。2番目に大きな箱を選んだテヨンにはミニカップラーメン1年分が贈呈され「どうやって持って帰ったらいいの?」と苦笑。

一番大きな箱を選んだユウタの中身は豪華蟹セットで、本物の蟹を目の前に他のメンバーも匂いを嗅ぐなど大騒ぎ。最後に、じゃんけんに負けたドヨンが余った箱を開けると、中身はなんとApple Watch。ドヨンは箱にキスをしたり、抱き締めたりして喜びを表現した。

一方、赤チームには悪臭が入ったビニール袋を嗅ぐという罰ゲームが。マークが「OH MY GOD!」と吐きそうになる仕草をしたり、へチャンがドヨンに匂いを嗅がせようと追い回したり大騒ぎする中、ジェヒョンだけは淡々と嗅いで「中毒性があります」と飄々とした表情を見せて爆笑を誘った。

楽しいゲーム対決の後は、ストリート系のファッションに着替えてパフォーマンスステージへ。今年4月にリリースした日本ファーストフルアルバム「Awaken」のリード曲「Wakey-Wakey」に続いて、韓国最新ミニアルバム「WE ARE SUPERHUMAN」の収録曲「Highway to Heaven」を日本初披露。キレのあるダンスはもちろん、曲の途中でステージが円形にせりあがったり、正面の向きを逆側にするなど、360度ステージならではの演出にも大きな歓声があがった。

続いては一転して、彼らの明るくはつらつとした魅力を存分に感じさせる曲「TOUCH」へ。途中「レッツゴー!」と掛け声をあげると、テヨンとジャニー、マークとドヨン、ユウタとジェヒョン、テイルとヘチャンという2人1組でトロッコに乗り、次の曲「0mile」まで存分にファンとコミュニケーションをとった。曲のラストではステージに戻り、セリあがったステージの上で軽やかなステップを披露。メンバーが手を左右に大きく振ると、NCTカラーの黄緑色のペンライトも大きく左右に揺れて、感動的な光景となった。

撮影:高村 祐介

メンバーが日本語で挨拶「今日、本当に幸せでした!」

最後の挨拶では、ジェヒョンが「ゲームをする時もそうですし、トロッコで皆さんの近くに行って感じたことがあります。皆さんと目と目を合わせて一緒に遊ぶ時間が一番ですね」、ドヨンが「たしかにそうですね。最高です!」と感想を述べると、全員がコメントを。

ジャニー「今日は初めてのファンミーティングでしたが、360度皆さんとお会いできて幸せでした。これからも2回目、3回目、4回目も、いや一生! このままずっと一緒にいきたいですね。(日本語で)本当にありがとうございました」

へチャン「前にもファンの皆さんがいて、後ろにも皆さんがいて、こっちにも、あっちにもファンの皆さんがいて、あちこちから皆さんのエネルギーを感じることができてファイトすることができたようです。皆さん、2回目も来てくださいますか? (日本語で)ありがとうございます」

マーク「(日本語で)今日、本当に幸せでした。ありがとうございます。“NCTzen 127-JAPAN”は今からスタートします。これからもたくさん一緒に楽しんでください。皆さん、またね~」

ジェヒョン「本当にこのようにステージに立つときに、幸せにしてくれる皆さん、ありがとうございます。僕が幸せなように、皆さんも幸せでしたか? では、これからは家に帰って大の字になって休んでくださいね。今日もたくさんの思い出を作ってくださってありがとうございます。(日本語で)またね~」

テヨン「(日本語で)今日は、正直、心が……。緊張していたんです。でも、ファンの皆さんの顔を見たら、とても気分がよくなりました。皆さんがいるから、怖いものがなくなるようです。皆さんと一緒に作った思い出は、皆さんと僕らだけが知っているじゃないですか。いつも、皆さんがいてくれて感謝しています。いつも感謝の気持ちをどのように表現するか考えているのですが、皆さんからいただく愛に応えるには、まだ未熟であるような気がします。だから、もっと心に誓うきっかけになったと思います。皆さんにもっとかっこいい姿を見せるNCT 127、そして、テヨンになりたいと思います」

ユウタ「NCT1 27のファンの皆さ~ん!! 言ってみたかっただけです(笑)。360度皆さんに見つめられるのも悪くないなと思いながらやっていたんですけど、ファンミーティングをしながら、ワクワクするなって感じがしたんです。これからも皆さんのステキな愛を僕たちだけ! に見せてくれたらいいなと思います」

テイル「こんな風に皆さんと近くでコミュニケーションをとって、ゲームをして、笑って、ふざけたりして、とても楽しかったです。いつも心から感謝して、力を得ています。(日本語で)これからもよろしくお願いします。頑張ります!!」

ドヨン「本当に、本当に、本当に楽しかったです。このようにファンの皆さんと僕らだけでやる公演は久しぶりなようです。久しぶりだからか、とても楽しかったです。(日本語で)皆さんも楽しかったですか? あ~、よかったですね~。またね~」

撮影:高村 祐介

アリーナツアー開催をサプライズ発表!

全員のコメントが終わると、テヨンが改めて「僕たちにとても、いつもと違う雰囲気で、皆さんと友達みたいに笑えて、遊べた時間でした」と感想を。続いてユウタが「僕たちが、皆さんに新しいプレゼントを用意しました」とサプライズを予告すると、スクリーンにて今年12月から来年2月にかけてのアリーナツアーが告知された。

ファンから喜びとお祝いの大歓声があがるも、すでに昼公演で告知されていたこともあり、ドヨンは「さっき情報を知ってしまったからか、歓声が小さいです」とダメ出しを。そこで改めてファンから大きな拍手と歓声が送られると、ユウタは「スケールアップした会場で、また会いに来るので楽しみにしていてください」、テヨンは「僕たちも今から楽しみでワクワクしています。ぜひ、期待してください!!」と、意気込みを語った。

最後の曲は韓国最新活動曲の「Superhuman」全員がしゃがみ込んだ姿勢から段階的に体制を変えてゆく斬新な導入部から、アンドロイドを彷彿とさせるダンス、近未来を感じさせる洗練されたパフォーマンスで独自の世界観に誘った。曲が終わると、全員が手を繋いで深々と挨拶。それを360度囲んだファンに向けて4度繰り返すと、最後は緑色の銀テープが空を舞った。

が、ここで終わりかと思いきや、テヨンとユウタ、ジャニーとヘチャン、テイルとドヨン、マークとジェヒョンの2人1組で再びトロッコに乗りこみ、会場をまんべんなく回って挨拶。「気をつけて帰ってね」「皆さんサイコー」「また会いましょう」と、トロッコが会場から引き上げる最後の最後まで大きく手を振った。

どこからも見やすいようにと設置されたステージ構成。トロッコをふんだんに、かつ効果的に使い、ファンと共に楽しめるように練られたゲーム企画。1分たりとも無駄がないスムーズな進行。そしてファンクラブ会員には全員のメッセージが入った個別トレーディングカードのお土産まで、ファンファーストが感じられた運営。そして、ファンを楽しませつつも、メンバーたちも心から楽しんでいることが伝わり、お互いに癒し合う関係性がとても温かく感じられる笑顔の絶えないファンミーティングだった。

取材:安部裕子

【公演概要】
「NCTzen 127-JAPAN 1st Meeting 2019“Welcome To Our Playground”」
日時:2019年9月23日(月・祝)
昼公演:開場14:00 / 開演15:00
夜公演:開場18:00 / 開演19:00
会場:幕張メッセ国際展示場7ホール

<セットリスト>
01. Welcome to My Playgroud
02. Wakey-Wakey
03. Highway To Heaven
04. TOUCH(Japanse.ver)
05. 0mile
06. Superhuman

■公演情報
「NCT 127 ARENA TOUR 2019-2020(仮)」
○2019年12月18日(水)19日(木)
会場:大阪城ホール

○2020年1月4日(土)5日(日)
会場:マリンメッセ福岡

○2020年1月18日(土)
会場:朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター 展示ホール

○2020年2月22日(土)23日(日)24日(月・振替休日)
会場:武蔵の野森総合スポーツプラザメインアリーナ

■関連サイト
NCT 127日本オフィシャルファンクラブ「NCTzen 127-JAPAN」:https://nctzen127-japan.smtown-fc.jp/

記者 : Kstyle編集部