イム・スヒャン&イ・ジャンウ主演ドラマ「優雅な家」視聴率6%を突破…MBNドラマ史上最高記録

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=MBN
「優雅な家」がMBNドラマ史上、最高視聴率を更新した。

25日に放送されたMBN水木ドラマ「優雅な家」(脚本:クォン・ミンス、演出:ハン・チョルス、ユク・ジョンヨン)の第9話の視聴率は、MBN 5.2%、Dramax 0.8%(ニールセン・コリア有料放送世帯、全国基準)と、計6%を超え、MBN歴代最高の視聴率を更新するという新記録を打ちたてた。

劇中で、モ・ソクヒ(イム・スヒャン)、ホ・ユンド(イ・ジャンウ)は、MCグループの相続税問題が解決され祝杯を挙げる日に、MCの会長モ・チョルヒ(チョン・ウォンジュン)の3人目の妻チェ・ナリ(オ・スンウン)をMCの邸宅に入れるという悪知恵を働かせ、MC家の晩餐会場で騒動を起こした。

特にモ・チョルヒの現在の妻で、二人目の女性であるハ・ヨンソ(ムン・ヒギョン)は憤り、ハン・ジェグク(ベ・ジョンオク)にチェ・ナリを追い出してほしいと叫んだ。しかし、モ・ソクヒとホ・ユンドが、すでにMCグループの女性であることを知らせ、国民的な嘘つき女優になったチェ・ナリに、Newspatchのキム・ブギ(パク・チョルミン)をつけさせ、「MC暴露自伝」を書くと言い、ハン・ジェグクも手を打つことができない状況だった。

これに対し、モ・ソクヒはMC邸宅に入ったチェ・ナリをそそのかし、ハ・ヨンソの嫉妬心を刺激した後、理性を失ったハ・ヨンソの本音を探ってみようとした。そしてモ・ソクヒはMC家の日程表をチェ・ナリに渡した後、わざとチェ・ナリがモ・チョルヒに会うよう接点を作り、ハ・ヨンソを不快にさせた。また、副会長候補になったモ・ワンジュン(キム・ジヌ)に会い、「それでも最終的に決定権を持っているのはハン・ジェグクなのに、プライドが傷つくのではないか」と挑発した。

その時、ハン・ジェグクの指示を受けたホ・ユンドは、チェ・ナリとモ・ワンス(イ・ギュハン)が過去に恋人関係にあったことを追及し、チェ・ナリの弱点を探そうとした。良心が痛み、ホ・ユンドはハン・ジェグクにこの事実を報告しなかったが、すでにハン・ジェグクが二人の仲を知り、自責の念に駆られた。しかも、ハン・ジェグクが、チェ・ナリとモ・ワンスの過去を暴く「ドッキリファイル」を作り、モ・ソクヒの最後の手段だったチェ・ナリは、MC家から追い出されることになった。モ・ワンジュンに対抗するモ・ワンスは、自分が持っていた持株を10%までTOPチームに奪われることになった。

全ての「妙手」が裏目に出たことで、モ・ソクヒは事前にTOPの動きを言ってくれなかったホ・ユンドに裏切られたような気持ちになった。結局モ・ソクヒはホ・ユンドに会って「どうしてチェ・ナリの裏を調べていながら、私に教えてくれなかったのか」と聞き、答えられないホ・ユンドに「ほぼ全部うまくコトが運んでいたのに、あなたのせいで駄目になった!」と激怒した。ホ・ユンドが、TOPの中で信頼を得ながらもスパイの役割を果たすため、“最善”を選んだ自身の言葉を聞いてくれないモ・ソクヒに「僕の話を聞いてみろ!」と声を上げ、二人の対立が激化し、緊張感を与えた。

記者 : イ・ミンジ