コ・アソン&イ・ソム&パク・ヘス、映画「サムジングループ英語TOEICクラス」に出演決定

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
女優コ・アソン、イ・ソム・パク・ヘスが映画「サムジングループ英語TOEICクラス」で共演する。

映画「サムジングループ英語TOEICクラス」は90年代半ば、会社の英語TOEICクラスを一緒に受講する高卒の末端社員たちが力を合わせて会社の不正疑惑を暴くストーリーを描く。

今回の映画でコ・アソンは生産管理3部の真面目で仕事上手な社員で、会社の不正に初めて気づき、それを暴くことを決心するイ・ジャヨン役を演じる。イ・ソムは探偵小説のマニアで、冷酷な性格のマーケティング部の社員チョン・ユナを演じ、パク・ヘスは数学に優れた才能を持っている会計部社員のシム・ボラム役を演じる。

3人は作中で入社8年目の同期として高卒の末端社員の連帯と勇気、成長をリアルに描く予定だ。映画のタイトルである「サムジングループ英語TOEICクラス」は、作中で能力重視を掲げた90年代企業のトレンドに合わせて高卒の社員が“TOEIC試験を受け、その点数が600点以上であれば代理に昇進できる”という目標のもと、3人の主人公が一緒に受ける講座を意味する。

「サムジングループ英語TOEICクラス」は10月末にクランクインする予定だ。

記者 : チョ・ヘリョン