Big Hitパン・シヒョク代表が語る #BTS(防弾少年団)の成功を予感した時期 #K-POPアーティストに必要なもの

TVREPORT |

写真=Big Hitエンターテインメント
Big Hitエンターテインメントのパン・シヒョク代表が、防弾少年団の成功を予感した時期を「2015年の『RUN』がヒットしてから」と明かした。

最近、Big Hitエンターテインメントによるとパン・シヒョク代表は9月初旬、米ロサンゼルス滞在中にアメリカの雑誌「Variety」のインタビューに応じた。5月にパン・シヒョク代表は同誌の「インターナショナル・ミュージックリーダー」に2年連続で選定された。

パン・シヒョク代表は防弾少年団の成功を予感した時期を質問されると「2015年『RUN』がヒットして2016年に『FIRE』をグローバル市場でテストしてその結果を確認した。そして2017年に南米でアリーナツアーを成功させてからだ」と答えた。

「企業のリーダーとして、自分をどう見ているか」という質問に対しては「素晴らしいビジネスマンというよりは、良いリーダーに近い」とし、「私は基本的にアーティストだ。結果や成果よりは、私達が『何を』『なぜ』しているかなどについて話し合う。これはBig Hitの企業ミッション(Music and Artist for Healing、音楽とアーティストを通じて人々を慰め、感動を届ける)に反映されている」と語った。

写真=Big Hitエンターテインメント
8月21日にソウルで開催された「共同体と共にするBig Hit会社説明会」については「ゲーム分野にまで拡張するBig Hitを見て多くの誤解があるようで、会社が求めている価値について説明する必要があると感じた」と話した。

ファンとアーティストが直接コミュニケーションすることをサポートするコミュニティプラットフォーム「BTS Weverse」について質問されると、パン代表は「既存のプラットフォームが埋められなかった消費者のニーズに合わせて開発していく。コマースプラットフォーム『Weply』は、全世界のファンが同じ金額を払えば同じ水準のサービスを受けられるようにしなければならない。単なる買い物の経験を超え、楽しさを提供したい」と望みを聞かせた。

K-POPコンテンツについてパン代表は「ミュージシャンは素敵な音楽さえあればと言うけど、K-POPアーティストは音楽だけでなく魅力的なキャラクター、素晴らしいパフォーマンスも兼ね備えていなければならない。すべての要素が合わさり、全世界で愛される普遍的な魅力が生まれる」と話した。

新人グループTOMORROW X TOGETHERについては「TOMORROW X TOGETHERはとても運がよく、平坦な道を歩いていると思うかもしれないけど、高いところからスタートしただけに、新人として大きく成長する姿を見せなければならないし、高い期待値に応えなければならないのが厳しい課題となるだろう」と語った。

“防弾少年団が所属”Big Hit、今後のビジョンを発表…公演会場の改善から新人ガールズグループまで(総合)

防弾少年団がドラマに!Big Hitパン・シヒョク代表が制作計画を発表「彼らの世界観をベースにする」

Big Hitエンターテインメント、音楽ゲーム専門会社Superbを買収「前向きな価値と可能性をもたらすだろう」

記者 : キム・イェナ