チョン・ヨンジュ、美の基準について語る「誰かに合わせるのは悲しい…最も自分らしいことがいい」

TVREPORT |

写真=女性朝鮮
ドラマ「黄金庭園」と「十八の瞬間」に出演した女優チョン・ヨンジュが撮影に参加した「女性朝鮮」のグラビアが最近公開された。

公開されたグラビアで、チョン・ヨンジュは安らかで穏やかな笑顔と美脚で魅力をアピールしている。

グラビア撮影とともに行われたインタビューで、チョン・ヨンジュは「基準を何に置くかの差だと思います。もし世界の美の基準がビヨンセなら、私はそこに合う人です」と答えた。

続いて「でもどんな美の基準であっても、誰かに合わせるのは悲しいじゃないですか。親が子供を作ったタイミング、遺伝子などが全部異なるのに、一つの基準に合わせて綺麗か綺麗じゃないかを話すなんて。一番自分らしいのが基準だと思います」という所信を付け加えた。

また、チョン・ヨンジュから出てくる自信感以上の何かに対する質問には「個人的には綺麗なエネルギーを持っている人が本当に綺麗な人だと思います。目や鼻、口は歳月が経つと綺麗じゃなくなるけど、エネルギーはもっとかっこよくなるじゃないですか」と、チョン・ヨンジュは答えた。

彼女は続いて「エネルギーを格のあるものにすること、自分のエネルギーに怠らない時が一番美しいと思います。シワがあってもかっこよく、アン・ソンギ先輩みたいに。そのようなビジュアルの女優、70代の女性、母親になりたいです」と印象的な答えをした。

チョン・ヨンジュの美の基準、6年前の離婚、変わった日常の物語が盛り込まれたグラビアとインタビューは「女性朝鮮」を通じて確認できる。

記者 : イ・ウイン