「レベルアップ」ソンフン&ハン・ボルム、喧嘩で病院搬送の事態に?その理由とは

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「レベルアップ」放送画面キャプチャー
「レベルアップ」ソンフンに対するハン・ボルムの怒りがついに爆発した。

31日に韓国で放送されたDramax、MBNドラマ「レベルアップ」第7話では、シン・ヨンファ(ハン・ボルム)がアン・ダンテ(ソンフン)に対する怒りが爆発し、彼に痛快な報復をし、復習に成功する様子が描かれ、興味深い展開を見せた。

先週、ジョイバスターの企画チーム長シン・ヨンファは、新任代表として赴任したアン・ダンテが会社の子供のようなゲームを競合他社に売ったことに腹を立て、彼のもとを訪れた。涙ぐみながら怒るシン・ヨンファの前で、アン・ダンテはいつもとは違う従順な態度で謝り、かえって彼女を複雑な気持ちにさせた。しかし、このような決定が会社の危機を克服するためだったことを知っているシン・ヨンファは、どうにかアン・ダンテを理解しようとし、彼との関係を少しずつ回復していった。

そんな中、シン・ヨンファへのどんでん返しが明らかになり、衝撃を与えた。田舎の新社屋に引っ越したジョイバスターの従業員たちは、冷凍倉庫を改造した劣悪な状況でも希望を失わず、会社の再生のために奮闘を続けた。この時、アン・ダンテと2人きりで残業をしていたシン・ヨンファが机の下でネズミを発見して驚き、騒ぎを起こす。普段は冷静さを保つアン・ダンテも、大いに困惑する姿を見せて爆笑を誘った。

2人は椅子の上に上がってうずくまり、しばらく身動きもできずにネズミと対峙した。静かな雰囲気の中で、気まずい雰囲気になった2人は、率直な話を始めた。2人きりの酒の席でミスしたことを心にとめていたアン・ダンテは「僕が覚えていない他のミスはあるか?」と質問した。これに対して、シン・ヨンファは「こんなに気の小さい方が、ゲームをどうやって売るんだろう」と冗談混じりの非難をした。

しかし、温かい雰囲気もつかの間、アン・ダンテがシン・ヨンファに謝罪した本当の理由が明らかになり、シン・ヨンファを怒らせた。実は彼は自分が酔って、シン・ヨンファにしたミスを謝っただけで、ゲームを売ったことに対しては謝罪したことがなかったのだ。図々しい彼の態度に怒ったシン・ヨンファは、足で彼の椅子を蹴飛ばし、金の柱に頭をぶつけたアン・ダンテが、倒れて救急室に運ばれるハプニングが起こった。

このようにアン・ダンテとシン・ヨンファは、互いに協力する関係の中で、近づいたり、遠くなったりして、いがみ合うことを繰り返し、正反対のケミ(ケミストリー、相手との相性)で視聴者の注目を集めている。怒っているアン・ダンテに致命傷を負わせてしまったシン・ヨンファが、果たして再び彼の心を開くことができるのか、2人の関係はこれからどのように展開されるのか、好奇心を刺激する。

新しい環境で働き始めたアン・ダンテとシン・ヨンファ、クァク・ハンチョル(B1A4 バロ)、パク室長(god デニー・アン)など、ジョイバスター従業員たちの涙ぐましい努力と彼らの将来は、韓国で本日(1日)午後11時に放送される。

記者 : カン・ソジョン