ドヒ&チャン・ヨンナム出演、ウェブドラマ「イン・ソウル」予告映像を公開“オタク活動に勉強…私が独立できる方法は”

OSEN |

写真=「イン・ソウル」
ウェブドラマ「イン・ソウル(ソウルの中にある大学に入学すること)」の予告編が公開され、熱い反応を得ている。

最近、Playlistの各種チャンネルを通じて、ウェブドラマ「イン・ソウル」の予告編が公開された。

「いや、本当に汚くてやってられないね」というタイトルの予告編の中には、高校3年生のダミ(ミン・ドヒ)は担任の先生に「ソウル大学はとんでもないって分かるよね?」と言われる。さらに、母のヨンジュ(チャン・ヨンナム)もダミに「高校3年生がどうするつもりでオタク活動の話なの」「一つだけして一つだけ」と叱る。

結局ダミは「こうやって生きていくのもうんざりだ」と泣き叫ぶ。そしてダミは「私が独立できる方法はイン・ソウルだけです」と誓う。その後、ヨンジュは泣くダミを抱き「大丈夫、大丈夫」と励まして「イン・ソウル」に対する好奇心を高める。

この予告編が公開されると、ネットユーザーたちの反応は爆発的だった。キャスティングから「イン・ソウル」の内容まで好奇心を表し、関心を示している。

「イン・ソウル」は「私が独立する唯一の方法」を副題に愛憎の母娘の物語を扱うドラマだ。現実感覚のまったくない娘にためらわず「FACT暴力」(事実を言って相手をディスること)する母と、そんな母から独立するために「イン・ソウル」大学進学を夢見る娘ダミの間に広がる話が描かれる。

娘のダミを独りで育てるソン・ヨンジュ役はチャン・ヨンナムが務めた。何でも現実的に整理された事が好きな自分と正反対の娘ダミとの葛藤に悩む人物だ。

娘のカン・ダミ役は、ドヒが務めた。母親との対立から脱するため、何があっても「イン・ソウル」大学進学だけを夢見る高校3年の受験生のダミとして活躍を予告している。

このほか、ダミの友だちのソンヒョン、ハリム役には新人のリョウン、チン・イェジュが務めた。ソンヒョンは多情多感で、ハリムは冷徹なダミの友達を演じ 、相反する友達の魅力を披露する予定だ。

「イン・ソウル」は、29日(月)午後7時より、NAVER Vオリジナルでの最初の放送を皮切りに、毎週月、火曜日に公開される。JTBCでは、8月4日(日)から毎週日曜日の夜12時20分に2話連続で放映される。



記者 : キム・ウネ