NCT DREAM、3rdミニアルバム「We Boom」で多彩な魅力を予告…メンバーが作詞に参加した曲も

Newsen |

NCT DREAMが、ニューミニアルバム「We Boom」で多彩な魅力をアピールする。

NCT DREAMの3rdミニアルバム「We Boom」は、7月26日午後6時、Melon、FLO、Genie、iTunes、APPLE MUSIC、Spotify、QQ MUSIC、KUGOU MUSIC、KOOWO MUSICなど各音楽配信サイトで公開される。タイトル曲「BOOM」をはじめ、さまざまなジャンルの全6曲が収録されている。

タイトル曲「BOOM」は、ミニマルな構成のアーバンポップジャンルの曲で、歌詞にはNCT DREAMと一緒に夢に向かって進んでいこうというメッセージを、自信に満ちたアティテュードで表現した曲だ。「STRONGER」は良し悪しを主体的に判断することができる強さを持とうというメッセージを込めており、パワフルなエネルギーが際立つ。

また、今回のアルバムにはNCT DREAMが作詞に参加した4曲が収録され、期待を高める。NCT DREAMのメンバーたちの友情を描いた軽快な雰囲気のアーバンポップジャンルの曲「Best Friend」別れを淡々とクールな態度で受け入れる内容のポップジャンルの曲「Bye My First…」は、メンバーのジェノ、ジェミン、ジソンが作詞に参加して魅力を倍増させた。

また「119」は、グルービーなビートと中毒性あふれるサビが強烈なトラップジャンルの曲で、ジェノとジェミンが作詞に参加して、スリルを楽しむ自由奔放な若者の姿を表現した。「Dream Run」は、清涼感あふれてファンキーなモータウンジャンルの曲で、ジェノが作詞に参加した歌詞には、NCT DREAMが発売した曲のタイトルと歌詞をユニークに詰め込んだ。

本日(24日)夜12時、YouTubeやNAVER tv SMTOWNチャンネルなどを通じてタイトル曲「BOOM」のミュージックビデオ予告映像が公開される予定であり、新曲に対する好奇心をくすぐる予定だ。

「We Boom」は29日、アルバムでも発売される。

記者 : ファン・ヘジン