SF9、日本5thシングル「RPM」が9月11日(水)に発売決定! リリースイベントも開催

KSTYLE |

SF9が最新シングル「RPM」をリリースすることが明らかになった。

SF9はFTISLAND、CNBLUEなど超人気アーティストを多数擁するFNC ENTERTAINMENTに所属し、2016年に韓国本国にてデビュー。日本においても2017年にワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビューを果たし、4thシングル「Now or Never」がオリコン週間シングルランキング3位を記録、3月にリリースされた2ndアルバム「ILLUMINATE」はオリコン週間アルバムランキングで初登場3位の座を獲得。今や韓国、日本のみならず海外でも注目を集める人気急上昇中の9人組ダンスボーイズグループだ。

今回リリースがアナウンスされたシングルのタイトルトラック「RPM」はChris Brown、Justin Bieber、Jennifer Lopezなど、錚々たる世界的アーティストを手掛けたTha AristocratsとICONICSOUNDSが手掛けたことも話題に。作詞には、メンバーのヨンビン、ジュホ、テヤン、フィヨンが参加し、スリリングで重厚なトラックとラップ、高音が美しいボーカルが絡み合う、聴く者に中毒性を与えるグループにとっての意欲作となっている。

CDには前述の「RPM」を始め、6月17日に韓国にてリリースされたミニアルバム収録楽曲の日本語詞バージョンを初収録。

初回限定盤A(CD ONLY)、B(CD+DVD)、通常盤(CD ONLY)と全3形態となり、初回限定盤Bに付属するDVDには、今年4月に東京、名古屋、大阪で開催されたジャパンツアー 「SF9 2019 ZEPP TOUR“ILLUMINATE”」より東京公演の模様を収録した豪華な内容に。会場を熱狂の渦に巻き込んだジャパンツアーの模様を、是非目に焼き付けてほしい。

その他、前作シングル同様、初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤それぞれ写真違いのトレーディングカードが10種類より1枚ランダム封入となるので、絵柄も楽しんでほしい。

また、シングル発売週末には「RPMリリースイベント」も決定! 今回は9月14日(土)関東エリア、9月15日(日)関西エリア、9月16日(月/祝)東海エリアの3ヶ所で開催。通常盤(初回プレス盤)、初回限定盤AとBにそれぞれ封入されているEvent Ticket「個別握手会参加権利付きチケット」、「個別2ショット撮影会参加権利付きチケット」、また「スペシャルプレゼント応募券付きチケット」にて、参加が可能となる。

リリースイベントの詳細は、後日ワーナーミュージック・ジャパンアーティストページをチェック。

グループの新境地とも言える最新作「RPM」を、ここ日本においてもリリースする彼ら。SF9の今後の活動にも期待が集まる。

■リリース概要
SF9 Japan 5th シングル「RPM」
2019年9月11日 リリース

○通常盤(CD)WPCL-13085/税抜価格:¥1,111
○初回限定盤A(CD)WPCL-13086/税抜価格:¥1,111
○初回限定盤B(CD+DVD)WPZL-31647~48/税抜価格:¥2,315

【収録内容】
通常盤(CD)
1.RPM -Japanese ver.-
2.Round And Round -Japanese ver.-
※初回プレス分のみ※
・トレーディングカード[通常盤ver.]全10種より1種がランダム封入
・Event Ticket (全19種よりランダム1種が封入)

初回限定盤A(CD)
1.RPM -Japanese ver.-
2.Echo -Japanese ver.-
・トレーディングカード[初回限定盤A ver.]全10種より1種がランダム封入
・Event Ticket (全19種よりランダム1種が封入)

初回限定盤B(CD)
1.RPM -Japanese ver.-
2.Round And Round -Japanese ver.-

初回限定盤B(DVD)
「SF9 2019 ZEPP TOUR“ILLUMINATE”」ライブ映像(収録楽曲数8曲予定)
・トレーディングカード[初回限定盤B ver.]全10種より1種がランダム封入
・Event Ticket (全19種よりランダム1種が封入)

■イベント概要
Japan 5th シングル 「RPM」 発売記念リリースイベント
2019年9月14日(土)関東エリア会場
2019年9月15日(日)関西エリア会場
2019年9月16日(月/祝)東海エリア会場
※開催会場、時間など詳細は、後日発表致します。

■関連サイト
SF9日本オフィシャルサイト:http://sf9-official.jp/

記者 : Kstyle編集部