「ボイス3」ユ・スンモク、イ・ジヌクの暴走を防げるか…“誰かが死ぬかもしれない”

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=OCN「ボイス3」画面キャプチャー
イ・ジヌクがゾッとした眼差しを輝かせながら暴走を始めた中、ユ・スンモクがそれを防ぐために乗り出した。

26日、OCN「ボイス3」ではナ係長(ユ・スンモク)がト・ガンウ(イ・ジヌク)の深刻な状態に気づく姿が放送された。

ナ係長はト・ガンウの状態をよく知っている人物から、「ト・ガンウあいつ、いつ爆発してもおかしくない時限爆弾だ。爆発する前に事を締めくくろうとするのだ」と言いながら、誰かが死ぬかもしれないと言った。続いて彼の家を探したら彼の本能が覚めるたびに使う変な道具があるだろうと話した。

ナ係長はト・ガンウの家を探し、結局彼の言う通りに様々な道具を発見した。続いてナ係長は自信を裏切った人物に会いに行ったト・ガンウの後を追った。ト・ガンウは殺意が溢れる眼差しで自身を裏切った人物を攻撃する姿で緊張を高めた。

記者 : キム・ジナ