TOMORROW X TOGETHER、アメリカ6都市のショーケースを成功裏に終了…“K-POPの未来がデビュー”

TVREPORT |

TOMORROW X TOGETHERがロサンゼルス公演を最後に、ニューヨーク、シカゴ、オーランド、アトランタ、ダラスなどアメリカ6都市の海外ショーケースを成功裏に終了した。

TOMORROW X TOGETHERは24日(以下現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスのザ・ノヴォ(The Novo)で「TOMORROW X TOGETHER SHOWCASE: STAR in US」の最後のステージを披露した。

この日、現場には公演が始まる前からTOMORROW X TOGETHERを見るために来た人々がたくさん並び、ファンたちは一緒に歌いながら「グローバルスーパールーキー」の公演を待った。

入場と同時に客席を満たしたファンの歓声の中でTOMORROW X TOGETHERは「Blue Orangeade」でステージを始めた。メンバーたちは「ロサンゼルスは馴染みの場所だ。デビュー前にトレーニングで来たことがある。もう一度来れることを首を長くして待っていた」と公演に対する期待を示した。

それからトークコーナーとともに「Cat & Dog (English ver.)」「星の居眠り」「Our Summer」のアコースティックバージョン、「CROWN」などデビューアルバム「夢の章 : STAR」に収録された5曲全曲を完璧なライブで披露した。

ファンはステージごとに大きな声で応援し、「CROWN」は韓国語歌詞全てをみんなで歌いながら公演場を賑やかな雰囲気で満たした。

初めての海外ショーケースを成功裏に終えたTOMORROW X TOGETHERは「公演ごとに送ってくれるファンの熱い応援のおかげで楽しくステージを披露することができた。遠くからも応援してくれるファンに感謝する。これからもっといい音楽を聴かせ、たくさん会えるように努力する」と感想を明かした。

写真=BIGHITエンターテインメント
TOMORROW X TOGETHERはデビュー2ヶ月で開催した海外初のショーケースでチケット1万1200席を完売させた。アメリカ現地メディアの注目を集めながら成功的なグローバル活動のスタートを知らせた。

ビルボードは10日、記事を通じてTOMORROW X TOGETHERのニューヨーク公演に注目し、「K-POPの未来が先日の夜(9日)初公演を披露し、アメリカにデビューした」と報道した。またオーランドのマスコミであるオーランド・ウィクリーも21日、「K-POPの新しい支配者、TOMORROW X TOGETHERがオーランドを占領した」というタイトルの記事を通じてオーランドで開催したショーケースを詳しく紹介した。

TOMORROW X TOGETHERは6月1日にアメリカの有名コンサート「2019 iHeartRadio Wango Tango」の出演を控えている。

記者 : パク・ソリ