「ボイス3」危機一髪!?イ・ジヌク、殺人魔からイ・ハナを救出できるか

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=OCN「ボイス3」放送画面キャプチャー
イ・ハナが女子大生を助けようとして危機を迎えた。

12日、韓国で放送されたOCN「ボイス3」では「シシオドシ旅館には、夜叉がいる」編が放送された。この日、旅館に拉致され、死の危機を迎えた女子大生を助けるためにゴールデンタイムチームのカン・グォンジュ(イ・ハナ)とト・ガンウ(イ・ジヌク)が一緒に捜査を始めた。

カン・グォンジュはケンイチが一人で暮らす旅館を疑った。続いて階段を疑い、その瞬間、殺人魔のケンイチが彼女の足を掴んだ。気を取り戻したカン・グォンジュの前にケンイチが登場し、カン・グォンジュは「今にでも自首して犠牲者に許しを請って。父親として、夫として生きた記憶があるなら」と話した。これにケンイチがカン・グォンジュを殺そうとした瞬間、消えた彼女を探しに来たト・ガンウが飛び込み、彼女を助けた。

この日、カン・グォンジュとト・ガンウの活躍で、そこで死の危機を迎えていた女性たちが劇的に助かった。

記者 : キム・ジナ