ムン・ソリ&パク・ヒョンシク主演映画「8番目の男」2008年のニュース映像を公開(動画あり)

MYDAILY |

写真=CGVアートハウス
ムン・ソリ、パク・ヒョンシクを始め世代を網羅する実力派俳優たちの出演で期待を集めている映画「8番目の男」が、2008年世界各国で最初に発生したニュースたちを一気に確認することができる「2008年のニュース映像」を公開した。

2008年に韓国に初めて導入された国民参加裁判の実際の事件を再構成した「8番目の男」は、初めての国民参加裁判に偶然に陪審員になった普通の人が、彼らならではの方法で少しずつ事件の真実を探していくストーリーを描いた映画だ。

今回公開された映像は2008年、世界各国で発生した最初の事件たちを盛り込み、目を引いた。2008年、中国初の夏季オリンピックである「2008年北京オリンピック」の開催に続き、大恐慌以来最悪の経済危機を迎えたアメリカの歴史上最初の黒人大統領であるバラク・オバマの当選ニュースが興味を刺激する中、韓国では韓国初の宇宙飛行士誕生と共に、韓国司法歴史上、初めて施行された国民参加裁判の胸躍る初スタートを知らせるニュースが視線を引きつける。

2008年、韓国の初国民参加裁判の実際の事件を再構成した映画「8番目の男」は、司法府の象徴である裁判の権限を初めて一般人らと共にした裁判所、そして初めて誰かの罪を審判しなければならない陪審員たち、皆にとって初である懸念とときめき、心配と期待が混ぜられた国民参加裁判の初日を興味深く収め、期待を集めている。

このように2008年、世界各国で発生した最初の事件と共に、人々がよく知らなかった韓国の初国民参加裁判の始まりを興味深く盛り込んだ「2008年のニュース映像」を公開した「8番目の男」は、個性溢れるキャラクターたちと関心を集める裁判過程、陪審員たちの本音で2019年5月、観客たちの心をとらえる予定だ。

韓国の初国民参加裁判を扱った斬新な題材、興味深いストーリーと信頼できるキャスティングで期待を集める映画「8番目の男」は、忠武路(チュンムロ、韓国映画界の代名詞)の新星ホン・スンワン監督のデビュー作で、韓国で5月に公開される予定だ。

記者 : クァク・ミョンドン