EXO ディオ、今年期待の“演技アイドル”1位に!続いてASTRO チャ・ウヌ、INFINITE エルがランクイン

OSEN |

写真=各事務所
EXOのディオが「IDOLCHAMP」で行われた“演技ドル(演技+アイドル)”投票で35.32%を獲得し、1位になった。

MBCPLUSがローンチしたアイドルアプリ「IDOLCHAMP」は、「2019年期待される演技ドルは?」というテーマで投票を行った。2週間に渡って行われた投票では、最近映画「僕の中のあいつ」で初めて主演を演じたB1A4のジニョンから人気ウェブドラマ「EIGHTEEN」で注目されたAprilのナウンまで、俳優・女優として活躍した様々なアイドルがノミネートされた。

計12万票の中、1位は35.32%を獲得したEXOのディオだった。ディオはアイドルと俳優業の両方で成功したいわゆる“演技ドル”として着実に好評を得ている。初めて演技に挑戦した作品は、量販店で働くパートタイマーたちのストライキを描いた映画「明日へ」で、彼は高校生の息子役を自然に演じた。それからドラマ「大丈夫、愛だ」ではルーゲーリック病患者、ドラマ「君を憶えてる」では連続殺人鬼、映画「純情」では恋に落ちた初々しい10代まで、様々な演技に着実に挑戦してきた。特に、最近では映画「スウィング・キッズ」で男性主人公として活躍し、2019年も俳優ド・ギョンスとして限りない可能性を見せている。

2位はASTROのチャ・ウヌで30.17%を占めた。チャ・ウヌは2018年、ウェブ漫画を原作とするドラマ「私のIDはカンナム美人」で劇中ト・ギョンソク役に扮し、キャスティングから連日話題になった。“顔天才”らしい美しいビジュアルで視聴率と話題性の両方を確保した。

3位は17.16%を獲得したINFINITEのエルだった。エルはドラマ「美男<イケメン>バンド」「お母さんが何だって」「主君の太陽」「君を愛した時間」などで2012年から着実にキャリアを構築しており、特に2017年「仮面の王 イ・ソン」でイ・ソン役を立派にこなし、演技ドルと呼ばれるようになった。

この他にも4位にはVIXXのエン、5位には宇宙少女のボナ、6位にはSF9のロウン、7位にはB1A4のジニョン、8位にはDIAのチェヨン、9位にはgugudanのミナ、10位にはAprilのナヨン、11位にはHELLOVENUSのナラが選ばれた。

今回投票を行った「IDOLCHAMP」では、1月31日から3月に誕生日を迎えるアイドルのための投票を実施する。投票で1位になったアイドルには地下鉄江南(カンナム)駅に大型誕生日広告が掲載される予定だ。

EXO ディオ「メンバーたちは僕にとって一生の友人…1人1人が大好き」

ASTRO チャ・ウヌ、自身が考える人気の秘訣&共演したい先輩女優は?

INFINITE エル「歌手エルも俳優キム・ミョンスもじっくり仕上げていきたい」

記者 : イ・ソダム