全世界のK-POPファンが急増!防弾少年団ブームで約9千万人に…2020年には1億人?

YONHAP |

写真=聯合ニュース
海外交流事業を担う政府系機関、韓国国際交流財団(KF)が、10日までに発刊した113ヶ国・地域の韓流関連情報をまとめた2018年版「地球村韓流現況」によると、2018年12月現在、世界には1843の韓流同好会があり、これらの所属会員数は計8919万人と集計された。前年の2017年(7312万人)に比べ1607万人増加した。2017年(前年比約1400万人増)と2018年の増加傾向が続けば、2020年には1億人を突破すると期待される。

同好会の所属会員数を大陸別に見ると、アジア・オセアニアが7059万人、アメリカが1180万人、欧州が657万人、アフリカ・中東が23万人。KFは、歌手や俳優など韓国芸能人のファンクラブ、韓国文化や韓国料理、テコンドーの同好会、大学の韓国文化サークルなどを韓流同好会とみなしている。

写真=聯合ニュース
昨年の韓流ファン急増は、防弾少年団の活躍がけん引したと分析される。防弾少年団は、米ビルボードのメインアルバムチャートで1位を獲得するなど、国内外で旋風を巻き起こした。世界のポップミュージックの中心地であるアメリカでK-POPの価値を証明し、韓国の音楽とポップカルチャーに対するアメリカ人の関心を喚起したと、KFは評価している。

韓流コンテンツの消費で世界1位となっている日本では、韓流ファンが30万人台と約3倍に増え、日本の嫌韓ムードを懸念する韓流産業従事者たちを喜ばせた。

韓流コンテンツを制限する中国の「限韓令」も和らいでいるようだ。アメリカの最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備を巡る韓中関係の冷え込みを受け、2017年は「北京国際映画祭」に韓国映画は1作品も招待されなかったが、2018年は7作品が招待されるなど、雰囲気が変わっている。

防弾少年団からIZ*ONEまで、今年はK-POPグループの海外攻略が加速化…日本活動にも注目

写真=聯合ニュース

記者 : 聯合ニュース