「2018 SBS演技大賞」カム・ウソン&キム・ソナ、共同で大賞を受賞…ベストカップル賞と共に2冠(総合)

TVREPORT |

「ロマンスは必然に」の主演俳優カム・ウソン、キム・ソナが「2018 SBS演技大賞」で共同受賞した。

先月31日、「2018 SBS演技大賞」が、MCシン・ドンヨプ、シン・ヘソン、イ・ジェフンが司会を務めて生中継された中、俳優カム・ウソン、キム・ソナが演技大賞を受賞した。

キム・ソナは大賞受賞を予想していなかったと、震える姿を見せた。彼女は「明日、グッドモーニングできるよう、今日一日がんばって生きて、楽しく生きなければと思った」と話した。また彼女は「幸せになろう」という思いで台本やあらすじを読まずに作品を選んだとし、「皆が幸せになってほしい」とメッセージを伝えた。

写真=「SBS演技大賞」放送画面キャプチャー
カム・ウソンは自分は戌年だとし、2018年は意味深い1年だったと振り返った。彼は特に「『ロマンスは必然に』に出会ったことが、僕にとって一番の幸運だと思う」とし、最高の制作陣と俳優たちに出会ったことに感謝の気持ちを伝えた。

今年SBSでは愛されたドラマが多かっただけに、大賞候補にはそうそうたる面々が揃った。甲乙つけがたい状態だったため、「ロマンスは必然に」のカム・ウソン、キム・ソナが共同大賞を受賞したとみられる。

人気を集めたドラマに賞が集中する傾向も見えた。「ロマンスは必然に」はカム・ウソン、キム・ソナの大賞までで5冠王を達成した。これに先立ちイェ・ジウォンが助演賞、カム・ウソンとキム・ソナはカップル賞を受賞した。

「30だけど17です」も負けなかった。アン・ヒョソプが新人賞、パク・シウンは青少年演技賞、イェ・ジウォンが助演賞(複数集計)、ヤン・セジョンが優秀賞、シン・ヘソンが最優秀賞など5冠王を獲得した。

予想とは異なり、今年大きな話題を集めたドラマ「リターン」にはあまり多くの賞は与えられなかった。悪役のシン・ソンロク、ポン・テギュ、パク・ギウン、ユン・ジョンフンがキャラクター演技賞を受賞することにとどまった。

「2018 SBS演技大賞」受賞者リスト

◆大賞
カム・ウソン、キム・ソナ(「ロマンスは必然に」)

◆新人賞
俳優:アン・ヒョソプ(「30だけど17です」)、女優:イ・ユヨン(「親愛なる判事様」)

◆キャラクター演技賞
「リターン」シン・ソンロク、ポン・テギュ、パク・ギウン、ユン・ジョンフン

◆助演賞
俳優:イム・ウォニ(「油っこいロマンス」)、女優:イェ・ジウォン(「ロマンスは必然に」「30だけど17です」)

◆作品賞:「輝く星のターミナル」

◆ベストカップル賞
カム・ウソン、キム・ソナ(「ロマンスは必然に」)

◆青少年演技賞
パク・シウン(「30だけど17です」)

◆優秀演技賞
<週末・毎日ドラマ部門>俳優:チョン・ウンイン(「復讐の女神」)、女優:キム・ソヨン(「秘密の女たち」)

<水木ドラマ部門>俳優:ユン・シユン(「親愛なる判事様」)、女優:ソ・ジヘ(「胸部外科」)

<月火ドラマ部門>俳優:ヤン・セジョン(「30だけど17です」)、女優:チェ・スビン(「輝く星のターミナル」)

◆プロデューサー賞
オム・ギジュン(「胸部外科」)、ナム・サンミ(「彼女はといえば」)

◆最優秀演技賞
<週末・毎日ドラマ部門>俳優:キム・ジェウォン(「彼女はといえば」)、女優:ソン・ユナ(「秘密の女たち」)

<水木ドラマ部門>俳優:シン・ソンロク、チェ・ジニョク(「皇后の品格」)、女優:チャン・ナラ(「皇后の品格」)

<月火ドラマ部門>俳優:イ・ジェフン(「輝く星のターミナル」)、女優:シン・へソン(「30だけど17です」)

記者 : ソン・ヒョジョン