5urprise コンミョン「リピート・ラブ」放送終了を前に感想を伝える…“幸せな気持ちで撮影し、無事に終えることが出来た”

TVREPORT |

写真=Fantagioエンターテインメント
俳優コンミョンが韓国で本日(27日)最終回放送を控えているKBS 2TV水木ドラマ「リピート・ラブ」(脚本:イム・ソラ、演出:チェ・ユンソク、制作:ワイピープルENT、プロダクションH)の放送終了の感想を伝えた。

本日の午前、Fantagio公式SNSチャンネルには「リピート・ラブ」最終回の台本を持って微笑んでいるコンミョンの姿と共に放送終了の感想が掲載された。コンミョンは「最初の撮影が昨日のことみたいなのに、もう放送終了だなんて残念です」とし、「まず『リピート・ラブ』を愛してくださった皆さんにとても感謝しています。多くの方々がカン・ジュノ役を愛してくださって幸せな気持ちで撮影し、無事に終えることが出来ました」とドラマを愛してくれた視聴者に感謝の挨拶を伝えた。

また「この冬、とても寒いなか苦労した監督、脚本家、すべてのスタッフの皆さん、そして先輩・同僚俳優の皆さん、補助出演者の皆さんお疲れ様でした」とし、「リピート・ラブ」チームへの愛情を明かした。コンミョンは「今年1年を『リピート・ラブ』で締めくくることができ幸せでした。これからも良い作品と共に帰ってきます」と最後の挨拶と共に今後の精力的な活動を予告した。

「リピート・ラブ」でコンミョンは4次元の魅力を持つカン・ジュノを演じ、ドラマで重要な役割を担当した。ドラマ前半、図々しさいっぱいの4次元魅力を爆発させ、視線を引き付けたコンミョンは、ドラマが進行するにつれ、恋と仕事を通して成長していくキャラクターを安定的な演技力で描いて存在感をアピールし視線を引き付けた。

カン・ジュノ役で熱演したコンミョンが出演するKBS 2TV水木ドラマ「リピート・ラブ」は、韓国で本日の夜10時、最終回が放送される。

記者 : ソン・ヒョジョン