パク・シネ&チョン・ジョンソ主演スリラー「コール」最終ラインナップが決定…“2019年の期待作”

MYDAILY |

写真=NEW
スリラー映画「コール」側が、最終的なキャスティングリスト、パク・シネ&チョン・ジョンソのコンセプトイメージを公開した。

2019年1月に撮影を控えているスリラー映画「コール」が、最終キャスティングリストとパク・シネ&チョン・ジョンソの二人の主人公の強烈な出会いを予告するコンセプトイメージを公開し、注目を集めている。映画「コール」は、異なる時間に住んでいる二人の女性が、一本の電話で繋がることから繰り広げられるストーリーを描くスリラーだ。

“現在”に住んでいる女性ソヨン役で演技の変身を予告した女優パク・シネ、“過去”に生きている女性ヨンスク役には韓国映画界の“ブルーチップ”チョン・ジョンソ、さらにキム・ソンリョンからイ・エル、パク・ホサン、オ・ジョンセ、イ・ドンフィまで、魅力的な組み合わせの最強ラインナップを完成させた。

写真=NEW
2018年上半期の韓国映画最高のヒット作「毒戦 BELIEVER」で代わりのいない存在感を発揮した女優キム・ソンリョンが、今回「コール」を通じてソヨンの母親に扮する。キム・ソンリョンは友人のような母親の姿から強い母性愛まで表現しきり、彼女ならではの積み上げてきた演技力を披露する予定だ。映画「インサイダーズ/内部者たち」をはじめ、カリスマ性ある演技を見せてくれたイ・エルも今回「コール」を通じて、もう一度新しい一面を披露する。イ・エルはヨンスクの一挙一動を監視する母親を演じ、劇の緊張感を担う。

ここに、様々な魅力で愛される俳優パク・ホサンとオ・ジョンセ、イ・ドンフィが合流し、彼らがプレゼントする演技の相乗効果への期待感を高める。最近MBCドラマ「悪い刑事」で広域捜査隊長チョン・チュンマン役を通じて、強烈な印象を残しているパク・ホサンはソヨンの父親役を演じ、ソヨンの心の支えとして活躍する予定だ。ソヨンの父親の友人のソンホ役に、映画「スウィング・キッズ」のオ・ジョンセが参加し、特有の個性の強いキャラクターをぴったりの服を着たかのように演じ切り、彼ならではの表現力に基づいて映画の完成度に力を注ぐ予定だ。毎作品ごとに、キャラクターとの驚くべきシンクロ率で限界のない演技力を見せてくれるイ・ドンフィが、ソヨンとヨンスクをめぐる事件を暴く交番の警察官ペク・ミンヒョン役で活躍し、劇の没入感をいっそう引き上げる予定である。

最終的なキャスティングのラインナップのニュースと一緒に公開された「コール」のコンセプトイメージは、2019年の最も注目すべきスリラー映画らしい強烈なビジュアルを披露しており目を引く。公開されたイメージには、お互いに背を向けた二人の人物の姿、現在に生きる女性ソヨンと過去を生きている女性ヨンスクのキャラクターはもちろん、彼女たちの関係に疑問を呼び起こし、妙な緊張感さえ醸し出す。特に、二人の人物をつなぐ正体不明の線と、彼女たちを取り囲んでいる電話のダイヤルの形が浮き上がり、電話1本により起こる普通ではない出来事を予想させる。

映画「コール」は、韓国で来年公開予定である。

記者 : シン・ソウォン