チェ・テジュンから少女時代 スヨンまで…「だから私はアンチファンと結婚した」注目の出演者4人を紹介

OSEN |

写真=(株)godinmedia
チェ・テジュン、スヨン、2PM チャンソン、ハン・ジアンが「だから私はアンチファンと結婚した」でタッグを組み、早くも視聴者たちの期待を高めている。

事前制作ドラマ「だから私はアンチファンと結婚した」(脚本:ナム・ジヒョン、キム・ウンジョン、演出:カン・チョルウ、制作:(株)godinmedeia)は、世界的なK-POPトップスターフジュン(チェ・テジュン)と彼のアンチファンだと烙印を押された雑誌記者イ・グニョン(スヨン)のどたばたロマンチックコメディー。

ドラマの中でフジュン、イ・グニョン、ジェイジェイ(チャンソン)、オ・イニョン(ハン・ジアン)は切っても切れない仲であり、個性豊かな魅力を持つ人物たちだ。まず、グローバルな人気でどこに行ってもファンを集めるフジュンは、俳優チェ・テジュンが務めツンデレのようなキャラクターの一面を魅力的に描き、視聴者を胸キュンさせる予定だ。
スヨンはラブリーという単語を人間化させたようなイ・グニョンに完璧に変身し、早くも視聴者の笑顔を誘う。記者界のワンダーウーマンという遠大な夢とは違い、さまざまな雑用を任される雑誌記者である彼女は、特別な事件でフジュンと出会い放送番組まで一緒にすることになる。

スターとアンチファンである2人は、トムとジェリーのようにいざこざするエピソードと、その間で生まれるロマンスで恋愛DNAを刺激することを予告した。いざこざなケミ(ケミストリー、相手との相性)でときめき指数を高めるチェ・テジュン、スヨンの共演にも関心が高まっている。

彼らのラブストーリーにジェイジェイが緊張感を与える。ジェイジェイに扮するチャンソンは、フジュン、オ・イニョンと共に練習生時代を過ごし、友情を育ててきたが、自身より先んじるフジュンを見ながら、彼が持つ名誉と愛を全て奪うために疾走する。ジェイジェイで初めて悪役に挑戦するチャンソンは、登場だけでもカリスマ性を見せつけ視聴者を驚かせる。

最後に華やかなアイドルのようなルックスに痛ましいストーリーを持つ中古新人オ・イニョンは、ハン・ジアンが務めた。ジェイジェイが代表を務める会社に移籍したが、まだ足踏み状態である彼女は、かつてフジュンと純粋な愛を育てたことがあり、2人の男性の間でさまよう。また、ハン・ジアンはフジュンとグニョンの関係にも影響を及ぼし、もう1つのストーリーの軸となる。

このように4人4色のキャラクターでお茶の間を訪れるチェ・テジュン、スヨン、チャンソン、ハン・ジアンは、早くも視聴の期待を高めている。務めた役に生命力を吹き込む彼らの代替不可能な活躍が相乗効果を生み出す予定だ。

終盤の撮影が行われている撮影現場は、俳優とスタッフたちの情熱であふれている。俳優たちの息ぴったりのケミと友情があふれる和やかな雰囲気の中で撮影を続けているという。そのためドラマで新しく誕生する「だから私はアンチファンと結婚した」に対する期待が高まっている。

事前制作ドラマ「だから私はアンチファンと結婚した」は、ハリウッドのメジャースタジオであるワーナー・ブラザース コリアテレビプロダクションが投資と共同制作社として参加し、韓国のテレビ編成も合わせ160ヶ国で同時放送する予定だ。

記者 : ユ・ジヘ