IU、済州島で初のコンサート開催決定…10周年ツアーの最後を飾るアンコール公演

MYDAILY |

写真=カカオM
IUが10周年ツアーコンサート「Curtain Call」の公演を電撃発表した。

所属事務所カカオM側は本日(3日)午前、「IUが2019年1月5日、済州島(チェジュド)西帰浦(ソグィポ)市済州国際コンベンションセンターにて『10周年ツアーコンサート 今 - Curtain Call』を開催する」と明らかにした。

IUがデビューして10年目に初めて済州地域で単独公演を開くコンサートで、済州のファンたちと初めて出会う。

公演日程を電撃公開したIUの今回の済州コンサートは、「Curtain Call」というサブタイトルのように、韓国内とアジアを合わせた大規模ツアーの有終の美を飾ることになるアンコール公演である。IUは10周年ツアーの“10回目”となる公演で、最後の地域となる済州で、今までより特別で意味のある10周年の仕上げに乗り出すことで期待を集める。

これと共に済州「Curtain Call」の公演のポスターを電撃オープンして、注目を集めた。一本の映画のポスターのような写真の中のIUは、バンド、ダンサーなどIUの専門ドリームチームのメンバーのセンターとして、頼もしい姿をアピールして期待感を高めた。

IUは今年デビュー10周年を迎え、10月末に釜山(プサン)を皮切りに、11月に光州(クァンジュ)、ソウルに続く公演を成功に終えた。このうちで大規模な会場であるKSPO DOME(オリンピック体操競技場)にて行われたIUのソウルコンサートは、韓国内の女性ソロ歌手としては初めて、2日間にわたり2回の公演が全席売り切れという記録を達成し、話題を生んだ。

またIUは、12月に香港、シンガポール、タイ、台湾にいたる、アジア4ヶ国でのツアーを続け、海外のあちこちにいる現地ファンたちのもとを直接訪れる予定だ。韓国の3つの地域とアジアを経て、済州島で10周年の活動の重要な仕上げと新たなスタートを予告するIUが、今回の単独コンサートでもう一度“全国区”の集客力を立証することができるか期待を集める。

IUの「10周年ツアーコンサート 今 - Curtain Call」は6日午後8時、オンライン前売りサイトMelOnチケットを通じてファンクラブ先行前売りに突入する。その後11日には一般前売りが開始される。

記者 : キム・ナラ