チェ・ジニョク主演「魔性の喜び」衛星劇場にて2019年1月より日本初放送が決定

KSTYLE |

(C)Copyright 2018. iHQ Entertainment & Media GROUP. All Rights Reserved.
OCNの大ヒットドラマ「愛の迷宮-トンネル-」のチェ・ジニョク主演のラブコメディ「魔性<マソン>の喜び(原題)」が、来年1月よりCS衛星劇場で日本初放送されることが決定した。

「魔性<マソン>の喜び」は、韓国のケーブルチャンネルDramaxとMBNにて、今年の9月から10月にかけて放送されたドラマで、毎日記憶を失う男と地に落ちた元トップスターとの恋を描いたラブコメディ。韓国だけでなく同時放送された台湾でも話題となり、600万回に迫る再生回数を突破し、2018年上半期に放送された韓国ドラマの最高記録を更新した。

ヒロインには「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」で注目を集めたソン・ハユンが大抜擢され、愛し合う時間を共有できない2人のちょっぴり切ない胸キュンロマンスが描かれる。チェ・ジニョクが本作で演じるのは、家柄・才能・ルックスを兼ね備えた脳神経外科医だが、ある交通事故により眠ると記憶がなくなってしまうという「記憶障がい」にかかった主人公・マソン。元トップスターだったヒロインとどんなロマンスを繰り広げるのか、ラブコメファン必見の作品だ。

■放送情報
「魔性<マソン>の喜び(原題)」
CS放送局・衛星劇場にて1月日本初放送
2019年1月6日(日)に第1話を先行放送
1月24日(木)より本放送スタート
毎週(木)午後11:00~深夜1:30(2話連続放送)

2018年/韓国Dramax、MBN/全16話
演出:キム・ガラム
脚本:チェ・ジヨン
出演:チェ・ジニョク、ソン・ハユン、イ・ホウォン、イ・ジュヨン

【ストーリー】
家柄、才能、ルックスと全てを兼ね備えた脳神経外科医コン・マソン。ある日、トップスターのキップムを海南島で助けたマソンは、彼女のかわいらしい魅力に惹かれ、2人はあっという間に恋に落ちる。キスを交わした2人は1時間後に会う約束をするが、彼女を待つ間キップムを陥れようとする男たちの会話を聞いてしまう。気になったマソンは男の後を追いかけるが、そこで交通事故に遭い、眠ると記憶を失う“記憶障がい”に! 何も知らないキップムは、彼が来なかったことにショックを受け、彼女を陥れようとする男の酒を飲んでしまう。そして目を覚ますと男は死んでおり、その容疑者にされた彼女はトップスターの座を失ってしまう。それから3年後、偶然再会したマソンとキップム。キップムを覚えていないマソンは冷たい態度を取り、互いの印象は最悪に。しかし翌朝、昨日のキップムとの記憶が断片的に蘇ったマソンは、彼女の存在が気になり始める。

■関連サイト
衛星劇場ホームページ:https://www.eigeki.com/topics?action=detail&topic_id=2611

記者 : Kstyle編集部