放送開始「とにかくアツく掃除しろ!」キム・ユジョン&ユン・ギュンサン、誤解から複雑に絡み合った2人の運命

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=JTBC「とにかくアツく掃除しろ!」放送画面キャプチャー
JTBC新月火ドラマ「とにかくアツく掃除しろ!」が、初放送から視聴者の心をとらえた。

26日に韓国で初放送された「とにかくアツく掃除しろ!」でチャン・ソンギョル(ユン・ギュンサン)とキル・オソル(キム・ユジョン)は正反対の人生を生きていた。世界を無菌室にしたいチャン・ソンギョルがニッチマーケットを狙って「掃除の妖精」を創業、売上が100億ウォン(約10億円)に達するほど完全無欠の人生を生きている間、キル・オソルは就職の準備をしていた。

絶対に似合わないような“完全無欠男”チャン・ソンギョルと“チョンポニョ(掃除を諦めた女という意味)”オソルの悪縁は予想もできなかったところから始まった。特別に愛着を持っているロボット掃除機“クムジャ”を失ったソンギョル、そして玄関の扉が開いている間に家を出たクムジャを発見したのがキル・オソルだった。ゴミの中に埋まっていたロボット掃除機をどのようにすればいいのか悩んでいた中、世間知らずの弟キル・オドル(イ・ドヒョン)は謝礼100万ウォン(約10万円)を狙ってチャン・ソンギョルに連絡しようとした。

自身の家に現れた屋上部屋のチェくん(ソン・ジェリム)のせいで腰に怪我をした父親キル・ゴンテ(キム・ウォネ)の代わりに、清掃員のアルバイトをするようになったオソル。よりによって片思いをしている先輩イ・ドジン(チェ・ウン)に会ってしまう危機に見舞われた。目の前が暗くなった瞬間、キル・オソルはゴミの中で発見した馬の頭の被り物を被って疾走した。

突然の馬の頭の登場に人々の視線が注目がれた状況でチャン・ソンギョルの車にぶつかり、ソンギョルの車は生ごみを被ることになる。さらに、逃走と誤解したソンギョルがオソルの馬の頭を脱がせ、片思いの相手ドジンに恥ずかしい姿がばれてしまう。驚いたのもつかの間、疾走していた“馬の頭の女”と監視カメラの中でクムジャを持って行った人が同一人物だったことに気づいたソンギョルは、350万ウォン(約35万円)の修理費とクムジャの返還を要請した。複雑に絡み合った二人の男女の出会いは、このように初めから強烈だった。

一方で、ドジンの優しさに片思いの気持ちが大きくなったオソルは告白を決心し、ドジンの会社に走っていた。期待していたオソルにドジンは、タコのモクバン(おいしそうにたくさん食べる番組のこと)モデルに続き補正下着モデルまで要求した。オソルの心を知って利用したのだ。裏切られた気持ちと羞恥心に涙を流していたオソルは、ソンギョルにクムジャを返した。嘆いていたオソルは、ドジンに渡そうとした告白の手紙と下着のプレゼントがソンギョルの手に入ったことに気づいた。誤って渡された象の下着と告白の手紙に驚愕したソンギョルとオソルの顔は悪縁の終わりではなく始まりを知らせながら、“完全無欠”の癒し系ロマンチックコメディの幕を開けた。

記者 : イ・スンギル