MONSTA X ミニョク&キヒョン、KPOP歌手としての責任感語る「僕たちにとって一番大きな名称」(動画あり)

OSEN |

写真=STARSHIPエンターテインメント
MONSTA Xのミニョクとキヒョンがドキュメンタリーを通じて“K-POPアーティスト”としての責任感について語った。

ミニョクとキヒョンは最近、K-POPニュースサイト「Soompi」のYouTubeチャンネルに掲載されたMONSTA Xの深層ドキュメンタリー「When you call my name」を通じてK-POPアーティストとしての責任感とファンへの愛情を伝え、注目を浴びた。

これまで「Soompi」はMONSTA Xのメンバーらのロールモデルと音楽、目標などを込めたドキュメンタリーを相次いで公開し、注目を集めた。

写真=STARSHIPエンターテインメント
ミニョクは「アーティストという言葉はとても良い言葉で誰でも聞きたい言葉、皆が持ちたいと思う言葉だ。そこにK-POPというジャンルを代表する名前がつくから、今僕たちにとっては一番大きな名称だ」とMONSTA Xにとっての“K-POPアーティスト”の定義について語った。

また「僕は特別は人ではないけど、人々が僕の名前を呼ぶとき、僕をMONSTA Xと呼ぶとき、特別な人になる」と言い、限りない支持と応援を送ってくれるファンへの愛情を示した。

キヒョンは「僕たちがK-POPアーティストとして、自国を代表して文化を知らせるということだからとても光栄で感謝する」と感謝の気持ちを伝えた。

続けて「本当に言葉は関係ないと思う。僕がステージを準備しながらカッコいいと思った部分で世界中のファンから反応がよかった。それを見ながら確実に伝えようとするエネルギーやメッセージがあれば言葉は重要ではないし、このエネルギーとメッセージをファンの皆様が好いてくださってK-POPに関心を持ってくださってるんだと思う」と説明した。

写真=STARSHIPエンターテインメント
この他にもキヒョンは「これからまた別のワールドツアーを通じて行ったことのない国々にも行ってみたいし、ビルボードにもランクインする光栄を味わいたい」と歌手としての夢も同時に明かした。

率直な心を込めたドキュメンタリーで話題を集めたミニョクは、MONSTA Xのメンバーとして活動すると共に、最近では「私の数学思春期」をはじめ、各バラエティ番組で活躍し、新しいバラエティアイドルとしても浮上している。

キヒョンも圧倒的な歌唱力と魅力的な歌声で様々なドラマOST(劇中歌)に参加し、OSTのライジングスターになった。特に「キム秘書はいったい、なぜ?」「ジャスティス -検法男女-」「彼女はキレイだった」「怪しいパートナー」など、様々なドラマのOSTを歌い、感動を与えるような歌声で多くの音楽ファンの心を掴んだ。

MONSTA Xは、タイトル曲「Shoot Out」で精力的に活動している。



記者 : チ・ミンギョン