「YG宝石箱」初回予告編を公開…目標は“ビジュアルも実力も良いグループ”(動画あり)

10asia |

写真=YG ENTERTAINMENT
「YG宝石箱」が初回放送を前に、第一回放送分の一部を公開した。

YG ENTERTAINMENTは12日午後、公式ブログをはじめ「V LIVE」を通して、「YG宝石箱」の第1回予告編を公開した。

「YG宝石箱」はBIGBANG、WINNER、iKONに続き、YGが4年ぶりに選抜するボーイズグループの選抜サバイバル番組だ。ヤン・ヒョンソク代表は「練習生29人の内から5人を選抜する予定だ」と話し、いつにも増して熾烈な競争を予告した。既存のデビューサバイバル番組とは違い、22年間蓄積してきたYGの実際の音楽制作のノウハウと内部システムを一つ一つ暴き出し、彼らの誕生過程をそのまま放送する計画だ。

「『ビジュアルも良くて実力もこんなにいいのか?』というようなグループを作るのが私の目標だ」というヤン・ヒョンソク代表プロデューサーの覚悟が強い印象を残す今回の予告編は、実力向上に邁進し、汗を流す練習生たちの姿から始まる。

予告編には“YG練習生キャスティング過程初公開”というテーマでストリートキャスティングシーンが公開された。また“YG練習生の放出ストーリー”も予告されたが、実力が足りずに警告が累積した練習生たちがYGを離れる姿は、残念ながらも熾烈な練習生の世界を表している。

特に映像の終盤には「一番強いメンバー達を一度対決させよう」というヤン・ヒョンソク代表の言葉に、6年目の練習生パン・イェダムと15歳の練習生パク・ジョンウが自身だけの魅力を誇って正面対決を繰り広げた。その後「今日の勝利は…」と評価をし始めるヤン・ヒョンソク代表の声が緊張感を与える。

「YG宝石箱」は全10話で構成され、16日午後10時に「V LIVE」で公開された後、夜12時からJTBC2とYouTubeで同時に公開される。

記者 : ウビン、翻訳 : 浅野わかな