少女時代 ユリ、大胆な扮装で熱演…「テジャングムが見ている」でのコミカルな姿に注目

OSEN |

写真=MBC「テジャングムが見ている」放送画面キャプチャー
少女時代のユリがコミカルなキャラクターを愛らしく表現し、話題を集めている。

ユリはMBC木曜ドラマ「テジャングムが見ている」で営業チームの新入社員スンア役に扮し、熱演している。

1日に韓国で放送された第4話では、スンアが自身の直属の先輩であるサネ(シン・ドンウク)に惚れ恋に落ちた姿と、彼が自分に興味があって牛肉を買ってくれたと誤解し、繰り広げられる話がコミカルに描かれ、注目を浴びた。

ユリはハロウィーンを迎え、映画「千と千尋の神隠し」のキャラクターであるカオナシに大胆に扮装し出勤する姿でかわいく突飛な魅力を披露したことはもちろん、毎回楽しみなモクバン(おいしそうにたくさん食べる番組のこと)と個性的な味の表現で良い反応を得た。

「テジャングムが見ている」は楽しみは食べることばかりで、食べていくために生きる3人の兄弟のロマンスも満載で、食欲を刺激する食べっぷりを見せるバラエティドラマだ。毎週木曜日の夜11時10分にMBCで放送されている。

記者 : ユ・ジヘ