「第2回THE SEOUL AWARDS」イ・ビョンホン、キム・ナムジュ、ハ・ジョンウ、ソン・イェジンが主演賞…大賞は「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」「工作 黒金星と呼ばれた男」(総合)

TVREPORT |

写真=「第2回THE SEOUL AWARDS」
歴史的な2回目の祝祭が幕を下ろした。「第2回THE SEOUL AWARDS」でドラマ「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」、映画「工作 黒金星と呼ばれた男」が大賞を受賞した。

27日、ソウル慶熙(キョンヒ)大学平和の殿堂で「第2回THE SEOUL AWARDS」が開催された。昨年始まった「THE SEOUL AWARDS」は笑いと涙、感動を与えながら一年を席巻した韓国ドラマと映画、眩しい熱演を披露した俳優たちが一堂に会する特別な授賞式だ。映画とドラマで活躍した数多くのスターの出席が伝えられただけに、期待を高めた「第2回THE SEOUL AWARDS」。公正な授賞、大衆とのコミュニケーション、華やかな祝祭まで成功裏に終え、大衆の期待を満たした。

「第2回THE SEOUL AWARDS」は第1回に続き、韓国の授賞式としては初めて「国民審査団」の点数(30%)と「専門審査団」(70%)を合算して受賞者(作)を選定、大衆の声を反映した。さらに国民審査団が人気賞の授賞にも参加し、注目を集めた。

tvN「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」と映画「工作 黒金星と呼ばれた男」がそれぞれ大賞の栄光を味わった。「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」は数多くのマニア層を形成し、今年最高のドラマとして挙げられる作品だ。現実的なセリフ、人の心に触れるような感性的な演出、俳優たちの熱演が調和し、欠点のない秀作だという評価を受けた。

映画部門の大賞トロフィーはユン・ジョンビン監督の「工作 黒金星と呼ばれた男」が受賞した。「工作 黒金星と呼ばれた男」は1990年代の実話を描いたスパイ映画だ。実話をベースにしたストーリーと俳優たちの熱演で新しい韓国型スパイ映画の誕生を知らせた「工作 黒金星と呼ばれた男」は、現在までも数多く取り上げられる映画として残っている。

男女主演賞のトロフィーは「ミスターサンシャイン」のイ・ビョンホン、「ミスティ」のキム・ナムジュ、「神と共に-罪と罰」のハ・ジョンウ、「いま、会いにゆきます」のソン・イェジンが受賞した。まずイ・ビョンホンは「ミスターサンシャイン」で奴隷出身のアメリカの海軍将校ユジン・チョイ役を務めた。イ・ビョンホンは眼差しと表情はもちろん、感情一つ一つを繊細に表現した熱演で絶賛を受けた。キム・ナムジュは「ミスティ」で成功の境地に立っている韓国代表アンカーのコ・ヘラン役を務めた。アンカー役をこなすためにルックスから口調、声まで完璧に演じたキム・ナムジュは、代わりのいない存在感をアピールしながら視聴者を虜にした。

映画部門で俳優主演賞を受賞したハ・ジョンウは「神と共に-罪と罰」を通じて1440万人の観客を動員し、大韓民国最高の俳優の底力を証明した。スクリーンを満たしたハ・ジョンウの存在感は、シリーズ2作目である「神と共に-因と縁」でも続き忠武路(韓国映画界)の興行パワーをアピールした。映画部門の女優主演賞には「いま、会いにゆきます」のソン・イェジンが受賞した。涙と清楚な魅力、繊細な感情を表現したソン・イェジンの演技に好評が続いた。

視聴者とスクリーンを虜にした“シーンスティーラー”あるいは“心スティーラー”である助演賞も4人の主人公が誕生した。ドラマ部門の助演賞には「ミスターサンシャイン」のユ・ヨンソク、「ライフ」のムン・ソリが選ばれた。映画部門では「工作 黒金星と呼ばれた男」と「神と共に-罪と罰」のチュ・ジフン、「神と共に-罪と罰」のイェ・スジョンが栄光を味わった。

新人賞部門では「賢い監獄生活」のパク・ヘス、「別れが行ってしまった」のチョ・ボア、「安市城」のナム・ジュヒョク、「魔女」のキム・ダミがトロフィーを手にした。今年1年間、観客および視聴者たちに誰よりも強烈な印象を与えた4人の俳優がこれからどんな活躍を見せてくれるか、より期待が高まる。

国内外投票100%で選定された人気賞部門では、「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」のチョン・ヘイン、「時間」のソヒョン、「いま、会いに行きます」のソン・イェジン、「神と共に-罪と罰」のEXO ディオが受賞した。

国内外を舞台に活躍する数多くのスターが欲しがった韓流アーティスト賞は、チョン・ヘインが受賞した。チョン・ヘインは「よくおごってくれる綺麗なお嬢さん」で年下の男の定石を見せながらシンドロームを巻き起こした。アジア全域で人気を博したチョン・ヘインはこの日、ドラマ部門男性人気賞まで受賞し、2冠に輝いた。

特別俳優賞は抜群の演技力で大衆を虜にした俳優ホ・ジュノが選ばれた。ホ・ジュノは「ここに来て抱きしめて」でサイコパスの連続殺人犯を演じ、画面を圧倒する演技力で視聴者に恐怖を与えた。ホ・ジュノは毎回感嘆を呼ぶ存在感で絶賛を受けた。

大韓民国を騒がせた俳優たちの饗宴、時代のスターに会える時間、俳優と大衆がみんな楽しめる祝祭の場になった「第2回THE SEOUL AWARDS」は今年創刊33周年を迎えた韓国トップのスポーツ芸能専門誌スポーツソウルが主催し、文化体育観光部が後援した。

“愛妻家”チソンからソン・イェジンまで…「第2回THE SEOUL AWARDS」スターたちの愉快なコメント集が話題

EXO ディオからソヒョンまで「第2回THE SEOUL AWARDS」映画&ドラマ部門で人気賞を受賞…感謝を伝える

【「第2回THE SEOUL AWARDS」受賞者(受賞作)リスト】

◆映画部門
・大賞:「工作 黒金星と呼ばれた男」(監督:ユン・ジョンビン)
・主演俳優賞:ハ・ジョンウ(「神と共に-罪と罰」)
・主演女優賞:ソン・イェジン(「いま、会いに行きます」)
・助演俳優賞:チュ・ジフン(「工作 黒金星と呼ばれた男」「神と共に-罪と罰」)
・助演女優賞:イェ・スジョン(「神と共に-罪と罰」)
・新人俳優賞:ナム・ジュヒョク(「安市城」)
・新人女優賞:キム・ダミ(「魔女」)
・人気俳優賞:EXO ディオ(「神と共に−罪と罰」)
・人気女優賞:ソン・イェジン(「いま、会いに行きます」)
・特別俳優賞:ホ・ジュノ(「ここに来て抱きしめて」)

◆ドラマ部門
・大賞:tvN「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」
・主演俳優賞:イ・ビョンホン(「ミスターサンシャイン」)
・主演女優賞:キム・ナムジュ(「ミスティ」)
・助演俳優賞:ユ・ヨンソク(「ミスターサンシャイン」)
・助演女優賞:ムン・ソリ(「ライフ」)
・新人俳優賞:パク・ヘス(「賢い監獄生活」)
・新人女優賞:チョ・ボア(「別れが行ってしまった」)
・人気俳優賞:チョン・ヘイン(「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」)
・人気女優賞:ソヒョン(「時間」)

◇韓流アーティスト賞:チョン・ヘイン

記者 : ソン・ヒョジョン