【REPORT】JBJ95 高田健太&キム・サンギュン「裸足のディーバ」ドラマファンミーティングを開催…キス寸前の再現シーンも!?

KSTYLE |

写真=A・R・A
JBJ出身メンバーで、10月30日に“JBJ95”として韓国で正式デビューが決定している高田健太とキム・サンギュンが、初主演を務めたドラマのファンミ―ティング「KENTA&SANG GYUN 『裸足のディーバ』ドラマファンミーティング」を開催。10月8日に大阪・オリックス劇場、10月20日に東京・豊洲PITにて、それぞれ1日2回の全3公演を行った。そのうち、東京1部の模様をレポートする。

「裸足のディーバ」は、音楽で成功する夢を抱く20歳の大学生ジュンギョン(キム・サンギュン)と、日本人留学生のハル(高田健太)、そして歌手の夢を叶えられずに無念の死を遂げた幽霊ヨンジ(ハン・ジソン)が、時間を超えて共に作り出すファンタジー・ミュージック・ロマンスドラマ。

ステージのセットは、ジュンギョンが借りた音楽スタジオを再現したもので、オープニングは、ドラマの導入部分のストーリーがスクリーンに流されるとともに、3人の出会いを再現する寸劇から始まった。まず、登場したのは夢の中で会ったヨンジを探すジュンギョンことキム・サンギュン。そこに「起きろよ~」と言いながら、引っ越しの段ボールを抱えたハルこと高田健太が現れると、会場は笑いとざわめきに包まれた。LP盤を見つけた高田健太が「聴いてみよう」と言うと、日本語で素直に「はい」と応じるサンギュンに大爆笑。音楽をかけると、そこにはヨンジならぬMCのチョウ・ヘンセが登場。高田健太は「引っ越してすぐに女を連れこみやがって」とのセリフを発した後、アドリブで「す~ぐ、す~ぐ、すーぐ」とねちっこく引っ張ったが、日本語を理解していないキム・サンギュンはキョトンとした表情で、またまた大爆笑が巻き起こった。

劇が終わると、改めて挨拶。が、「こんにちは、JBJ95の~」と自己紹介しようとした高田健太に対し、キム・サンギュンは「JBJ95です!!」と挨拶し、高田健太が慌てて「です、です!!」と無理やり合わせる場面も。結成したばかりのユニットとあって、こんな初々しいやりとりが、終始、観客の萌えを誘う。寸劇の感想を。高田健太は「恥ずかしいですね。この前(大阪)よりも緊張しちゃって、アドリブでごまかしました」と。キム・サンギュンは日本語で「コントが本当にうれしい、うれしいし……」と言った後、間違えに気がついて韓国語で「あー、楽しかったです」と修正して笑いをとった。MCから寸劇の演技の自己採点を質問されると、2人が答える前に客席の男性ファンから「100点!!」との歓声が送られ「ありがとうございます」と笑顔の高田健太。キム・サンギュンは「さっき、健太が言ったこと(「すーぐ、すーぐ」のくだり)が、聞き取れなかったですが、反応がよかったようです」と、コメントした。

写真=A・R・A
近況を聞かれると、高田健太は「10月30日にデビューが決まって、その準備をしていました」。キム・サンギュンは「ちょっと前にコンセプトフォトが公開されましたが、いかがでしたか?」とそれぞれ語ると、大きな拍手と歓声が巻き起こった。MCに大人っぽくなったと褒められた高田健太は「髪型と髪の色のせいだと思います」と謙遜したが、一方のキム・サンギュンはセクシーになったと言われ「僕はなにをしても、あまり変わらないですね。すなわち、それはなにをしてもカッコいいということです。(日本語で)昨日もイケメン、今日もイケメン」と、高田健太が考案したという自身のキャッチフレーズを添えて堂々と自画自賛。

続いてはドラマの見どころや、自身が演じる役についてなどをたっぷりと語るトークコーナーへ。高田健太は、以前から俳優が自分の役どころを説明する光景に憧れていたとのことで、俳優さながらに足を組んで「えー、今回は日本人の役ってことで、年は20歳でちょっと若作りしてね。タカダハルキって名前で、名字が同じでね。そんな感じでやらせてもらいました」と、気取った口調で説明して爆笑を誘った。キム・サンギュンは「バンドのリーダー、ジュンギョン役をやりましたが、シックで冷たく見えるけど、後半になると恋に落ちて、愛嬌のある姿がたくさん出てくるようです」と語った。

幽霊を見たことがあるかという質問に対して、高田健太は「3回くらい見たことがあります。群馬の団地に住んでいましたが、掲示板がある広場みたいなところがあって、そこにドラマで見るような白い服で髪の長い貞子みたいな女の人がいて、振り返ったらもういなかったんです」と発言。対してキム・サンギュンは「お化けは信じてないです。でも、ちょっと前にすごく怖いことがあったんです。ベッドで寝ていたら、僕の上に人の頭があったので、叫びながら起き上がったのですが、それはベッドに置いてあった犬のぬいぐるみ2匹でした」と得意げに話すも、微妙にすべってしまい、高田健太が「僕たちの間では面白かったんですけどね~。ごめんなさい」とフォローする様子にも笑いが巻き起こった。

ラブストーリーも見どころとのことで、自分が理想とするプロポーズを実演するコーナーも。キム・サンギュンは高田健太を彼女に見立て、近づいたかと思うとキスをするフリを。これに対して高田健太は「え? これがプロポーズ? おかしいでしょ! 唐突過ぎるでしょ」とクレームを。高田健太は「シンデレラ城の前でひざまずいて」と説明をくわえながら、キム・サンギュンの前でひざまずき「結婚してください!!」と男らしく言うと、観客からは黄色い声援が巻き起こった。

写真=A・R・A
幽霊のヨンジは歌手の夢を叶えることで成仏できるが、それはジュンギョンとの別れを意味するため「何かを得るために何をあきらめたことがあるか」という質問も。高田健太は「僕はないですね。思い立ったら行動するタイプ。日本で活動していたことがありましたが、やめたときも、あきらめたというよりは、韓国に行っちゃおう! みたいな感じでした」。キム・サンギュンは「アルバムの準備をしているときにたくさんのことをあきらめました。寝る時間をあきらめて、ごはんを食べるのをあきらめたのが一番つらかったです」と、コメントすると、高田健太は「最近、食欲がすごいんですよ」とのエピソードを明かした。

好きな俳優について聞かれると、高田健太は坂口健太郎の名前を挙げ「僕の名前を検索すると、健太郎って出てくるんです。ハングルでケンタって打ってもケンタロウって出てくるんです。韓国でもすごい人気があるから、僕も日本でも韓国でも人気がある俳優になりたいなと思いました」と。キム・サンギュンは「憧れている俳優はいないです。僕だけが作れるキャラクターを作って、僕だけができる演技ができたらいいと思います」と、頼もしいコメントを。最後に、ドラマの見どころについてサンギュンは「初めての演技だったので、回によってばらつきが多いです。ある時はぎこちなくて、ある時はすごくうまく演じられたり、そういう部分に注目してみたら面白いと思います」と。高田健太は「サンギュンが泣くところ。本当に感動するシーンです」と注目シーンを挙げた。

次のコーナーは観客の質問に答えるコーナー。2人がそれぞれ抽選箱からチケットの半券を2枚ずつ選び、幸運な4人のファンがステージにあがって直接質問をした。高田健太が選んだ1人目のファンは偶然にも同郷・群馬のファンだったため、喜んでハイタッチ。ファンが「藤岡出身ですよね?」と聞くと「みんなそう思っているみたいですけど、学校が藤岡だっただけで、出身は高崎でなんです」とプチ情報が飛び出した。さらに「高崎でおススメのお店を教えてください」と質問を続けると「ぼくがアルバイトしてたパスタ屋さん!」と貴重な情報が飛び出して、あまりにもナイスな質問にファンたちは大喜び。ここでサンギュンが「宣伝はダメ」とつっこみ、「もう、やめたから大丈夫」という微笑ましいやりとりも。もう1人は「空港ファッションは自分で選ぶのか?」という質問で「今日、着た服は1年前に買っていて、空港で着ようと思っていたもの。私服はいつも自分で選びます」と回答した。

写真=A・R・A
キム・サンギュンへの質問は「曲作りのときに欠かせないもの」で、「コーヒーは必須で、時間、iPhoneのメモ帳」と回答。「よく使う香水は?」という質問には「いつも違います。ファンの方々が、僕が香水が好きだと知っているからプレゼントによくもらいます。今日はクリードのなんとかアイランドってやつです」と、ファンに近づいて香りをかがせてあげる一幕も。質問したファンが去り際に、腰を低くした姿勢で握手をしていていた姿も好印象だった。

続いては「裸足のディーバ」の名場面紹介コーナーで、まずは2人が選んだベストシーンの映像を。キム・サンギュンの名場面は、ヨンジが残した動画メッセージを見ながら号泣するシーン。「台本を見た時に、とても悲しくて泣けるシーンがあるな、どうしようって思ったので、愛着があります」と説明した。高田健太の名場面は、ヨンジが成仏しないことを願うジュンギョンに対して、ハルがヨンジの夢を後押しすべきではないかと説得するシーン。高田健太は自身の演技を見てしきりに照れながらも「僕の役の中で一番重要なシーンなので、リーディングのときからたくさん指導された。その分、気合が入ったシーンです」とのコメントを。

さらに次はファンと一緒に名場面を再現することに。ドラマではキム・サンギュン演じるジュンギョンが幽霊のヨンジと仲間のセジョンから想われる役とのことで、再現するシーンは酔っぱらったセジョンをジュンギョンとハルが両脇から抱えて介抱し、それを見たヨンジが嫉妬するというもの。抽選で選ばれたファンはセジョン役を、観客は嫉妬するヨンジ役を演じることになり、セジョン役のファンが2人に腕を抱えられると、観客は自然と「キャー」と黄色い悲鳴をあげて大盛り上がり。続いては「サンギュンと演じる『裸足のディーバ』」と題し、ジュンギョンがヨンジを膝枕してキスをするシーンの再現。大阪では選ばれたファンが演じたが、なんとこの日はヨンジ役を高田健太が演じることに。「なんで僕がヒロインなの~」と不満げな高田健太に対して、2人のラブラブが大好物なファンは大喜び。高田健太の顔に近づいたキム・サンギュンが途中で止めると、MCは「最後までいっちゃってください」とあおり、高田健太も唇を突き出してノリノリに。すると、本当にキスをしたかと思うほど顏を近づけて、黄色い悲鳴が巻き起こった。

写真=A・R・A
ドラマのメイキング映像を挟み、カジュアルな衣装に身を包んで再登場した2人は、JBJがファンのためにプレゼントした曲「プルルケ(Call Your Name)」のステージを。「ノルル プルルケ(君を呼ぶよ)」の部分では、マイクを客席に向けて大合唱。観客とアイコンタクトをとりながらステージを左右に移動し、ラストのサビでは客席が準備した応援メッセージ入りの紙飛行機が一斉にステージに向けて放たれた。飛んできた紙飛行機がキム・サンギュンの髪の毛に突き刺さるという爆笑アクシデントも。曲が終わると、2人はステージまで届かなかった紙飛行機を客席に降りて回収。通路席のファンとハイタッチをしたり、直接、紙飛行機を受け取ったり、メッセージを何通か読みあげるなど、コミュニケーションをとった。ファンからの愛情が込められたメッセージを大量に受け取った2人は、お返しにサインボールを客席にプレゼント。さらにハッシュタグイベントとして、SNS用に携帯電話で撮影ができるフォトタイムの時間も持たれた。

楽しい時間は終わりに近づき、最後の挨拶を。キム・サンギュンは「僕たち、そして僕たちのドラマを愛してくださって本当にありがとうございます。まもなく僕たちのアルバムが出ることになりました。きっと、その活動曲でまた日本に来ることができるのではないかと思います。みなさん楽しみに待っていてください。宣伝もよろしくお願いします」。高田健太は「またこうして東京に帰って来られて、JBJ95としてステージに立てることをうれしく思います。デビューアルバムの『HOME』は、待っていてくださった皆さんに対して感謝の気持ちを込めました。一生懸命に練習して、かっこいいステージをお見せ出来るように頑張りますので、期待していただけたらうれしいです。また日本で皆さんとこうしてお会い出来たらうれしいです。顏、覚えましたからね」と、今日の感想とデビューへの意気込みを語った。

ラストは「裸足のディーバ」のOSTの中から、2人のデュエット曲「Picture」のステージで締めくり、記念撮影へ。高田健太が「みんなで何かポーズを取りたい」と提案し、キム・サンギュンと一緒に大きなハートを作ると、客席も隣のファンとハートを作る微笑ましい光景が。やらないファンには「知らない人とでも、今日、お友達になりましょう。そこ、やってないの見えてるよ~。やってください」と催促する高田健太の盛り上げで、和やかな雰囲気で幕を閉じた。日本のイベントだけに高田健太がリードし、キム・サンギュンはそんな高田健太を頼るようにニコニコしながら耳を傾けていた姿が印象的で、そんな2人のブロマンスに観客たちは一層心を奪われたようだ。韓国デビュー活動。そして、次の来日が大いに期待される。

ライター:安部裕子

【公演概要】
「KENTA&SANG GYUN 『裸足のディーバ』ドラマファンミーティング」
日時:2018年10月20日(土)
1部 13:15 開場 / 14:00 開演
2部 17:45 開場 / 18:30 開演
会場:豊洲PIT

<セットリスト>
1.プルルケ
2.Picture

記者 : Kstyle編集部