T-ARA ウンジョン「グループ活動?機会があればメンバー全員でできる」

OSEN |

写真=イ・デソン
T-ARAのウンジョンがT-ARAの活動から昨年韓国で放送終了したドラマ「ラブリー・スター・ラブリー」まで様々な話を公開した。

ウンジョンは、KBS 2TV「ラブリー・スター・ラブリー」放送終了のインタビューで「打ち上げに出席しましたが、とてもワイワイした雰囲気でした。一人ずつ出る度に『誰々が出る~』という雰囲気でした(笑)。ヨジン姉さんと席を移動しながら愉快な時間を送りました」と話した。

ウンジョンは「ラブリー・スター・ラブリー」でアイドル練習生だったが、女優に転向し、成功したシン・ユナ役を演じた。8年間、ユ・フィリップ (パク・シフ)に片思いしている人物でフィリップが愛するオ・ウルスン(ソン・ジヒョ)に嫉妬する。最終回ではこれまで犯した罪がばれ、裁判所で1年刑を言い渡され、刑務所で服役する姿で終わった。

作品で誰かに片思いをしたのは初めてだと言ったウンジョンは「こんなに片思いをしたキャラクターは初めてです。確かに悪役でしたが、哀れな片思いでした」とし「片思いをする男性がはっきり拒絶することもなく、8年間受け入れてくれず、妹のようにそばに置きました(笑)。その男に似合う女性になるため努力する姿が悲しかったし、私が演じながらもかわいそうでした。『ここまでしなきゃいけないのか……』とも思いました」と放送終了の感想を明かした。

本人の姿とは180度異なるが、シン・ユナのことが理解できるというハム・ウンジョンは「もちろん悪いことをする人物ですが、かわいそうで理解できる人物です。実際の私と比べれば、私はそういう片思いはできないと思います。でも演技をしながら学んだこともあります。ある面ではすごいと思いました。男性が女性を愛していないことが感じられるし、私がこれだけ表現しているのに相手が理性的だととても恥ずかしい瞬間になります。それでも、めげず男性に好きな気持ちを表現するのが不思議でした。これは見方によってはすごい純愛です。相手にはストーカーのように見られ、執着のように感じられるかもしれないので残念でした。それでユナがさらにかわいそうでした」と打ち明けた。

写真=イ・デソン
「ラブリー・スター・ラブリー」はKBSテレビドラマがミニシリーズ経歴作家を対象に開催した脚本公募展で当選した作品で、夏のシーズンを狙った企画ドラマだった。放送前に非常に期待を集めたが、25話の放送が視聴率1%になるなど、視聴率は低調だった。これに第1話の放送を控え、カン・ミンギョンプロデューサーのセウォル号の遺族に対する発言が物議を醸した。

これに対し、ウンジョンは「演技するのに難しいところはない現場でした。最初から最後まで愉快に撮影し、皆がしなければならないことをそれぞれの位置で自身に任されたものについてベストを尽くしました。その日以来、撮影初日に雰囲気が重かったりはしなかったです。現場にはみんなプロが集まり、それぞれ任された仕事を一生懸命にする雰囲気でした。普通の現場と変わらなかったです。そしてそれが正しいと思いました。演技に支障があったら、逆にそっちの方がおかしいと思います」と話した。

低視聴率については「公募当選作であり、ドラママニアの方々が期待された作品だと聞きました。私は楽しく臨み、放送も面白く見ました。愛情が大きくて客観的な視線を失ったのかもしれませんが(笑)。個人的に視聴率に大きく左右される方ではないです。視聴率に責任は感じますが、数値に動揺して影響されることは正しい姿勢ではないと思います。演技に影響があったらなおさら駄目だし。スタッフや俳優たちがあまりにも愉快で責任感を持っていて雰囲気が悪かったりすることはなかったです。視聴率が低くても俳優たちは『keep going』しなければいけませんでした」と説明した。

写真=イ・デソン
ウンジョンはMBKエンターテインメントを離れ、新しい事務所であるオンヌリメディアと専属契約を締結した。ガールズグループT-ARAは「What's my name?」以来、個人的な活動を続けている。

T-ARAの活動と関連し「先日もキュリ姉さんを除いて、T-ARAのメンバーらが集まったことがあったし、機会があればいつでも会う気があります。ところがどうしてもそれぞれ事務所に入ってドラマの撮影やソロアルバムなどスケジュールがあって簡単ではないです。今はソロ活動をしているが、機会があればメンバー全員そろって活動することもいつでもできます。グループT-ARAのメンバー全員そろっての活動はメンバーらの気持ちが一番重要だが、一応メンバーたちの気持ちはみんな同じです。その次は日程を合わせることが重要です。実は事務所が全部違って日程を合わせることは簡単ではないですが、それでもメンバーたちにもその気があるので機会があればできると思います。私も願っています」と自身の考えを語った。

また、ウンジョンは「私にとってT-ARAは全ての青春でした。この言葉の他に表現できるものはないです。10代後半から20代が終わるまで、10年以上のほとんどをT-ARAと一緒にしました。20代青春のほぼすべてだと言えます。メンバーたちとよく連絡をとりながら元気に過ごしているし、関係も大切です」と特別な感情を語った。

写真=イ・デソン
昨年ヒョミンはソロ活動を開始し、タイトル曲「MANGO」を発売した。ヒョミンだけでなく、ウンジョンもソロアルバムを発売し、2015年に発売したアルバム「Good Bye」は、中国で人気を博した。

ウンジョンは「ソロアルバムはいつも悩んでいますが、新しい事務所に移ってからあまり時間が経ってないし、ちょうどドラマを終えたばかりでアルバムまで考える暇がなかったです。せっかく出すのであればしっかり準備して発表したいです。ファンの方々も歌手としての姿が見たいとおっしゃってくれました。歌をお聞かせできる機会ができれば、丁寧に準備してお聞かせしたいです」と笑顔を見せた。

歌手より子役俳優として先にデビューしたウンジョンはMBCベスト劇場をはじめ、「新世代報告書~大人たちは分からない~」「若草物語」「土地」「王と私」などに出演した。それから2009年、ガールズグループT-ARAになり、歌手としての活動を始めた。ガールズグループとして活動しながらもドラマ「コーヒーハウス」「百済の王 クンチョゴワン(近肖古王)」「ドリームハイ」「インス大妃」「限りない愛」「いろいろな嫁」などで活躍し、映画は「野獣と美女」「静かな世界」「ホワイト: 呪いのメロディー」「失踪2」などに出演した。

歌手と女優に境界線を引くことはないというウンジョンは「歌手ウンジョン、女優ウンジョンという判断は人々がすべきもので、私が境界線を引きたくはないです。機会が与えられるだけ挑戦したいです」と付け加えた。

写真=イ・デソン

記者 : ハ・スジョン