EXO レイ&NCT 127、マイケル・ジャクソン生誕60周年記念プロジェクトにアジア代表として参加決定

OSEN |

写真=SMエンターテインメント
EXOのレイとNCT 127がマイケル・ジャクソン生誕60周年記念プロジェクトにアジアを代表して参加する。

マイケル・ジャクソンのレコード会社MJJの代表を務めたJerry L.Greenbergが設立した米769エンターテインメントは29日(現地時間)、マイケル・ジャクソン生誕60周年を記念し、多数のグローバルポップスターが参加するスペシャルシングル4曲を披露する献上プロジェクトを行うと発表し、注目を集めた。

特にレイとNCT 127は、アジアを代表する歌手として今回のプロジェクトの最初の楽曲である「Let's Shut Up and Dance」に参加し、世界的なシンガーソングライターであるジェイソン・デルーロとコラボし、世界の音楽ファンの関心が高まるとみられる。

レイとNCT 127はジェイソン・デルーロが作詞、作曲して歌う「Let's Shut Up and Dance」のフィーチャリングはもちろん、グラミーアワード、MTV VMA(Video Music Awards)など、有名授賞式で受賞した世界的な監督のDave Meyersが演出を務めたミュージックビデオにも出演する予定で、さらに期待が高まっている。

防弾少年団、故マイケル・ジャクソン追悼曲のオファーを辞退「光栄だが…参加は難しい」

EXO レイ、米シカゴのロック・フェスティバルに登場…世界的なDJアラン・ウォーカーとコラボ

【REPORT】東方神起、BoA、NCT 127出演「a-nation 2018」東京公演初日、5万人が大熱狂!

記者 : イ・ソダム