BLACKPINK、1stミニアルバム「SQUARE UP」トラックリスト公開…TEDDYが全曲プロデュース

OSEN |

写真=YG ENTERTAINMENT
BLACKPINKの1stミニアルバムの全曲がついにベールを脱いだ。

YG ENTERTAINMENTは5日午前10時、公式ブログを通じてBLACKPINKの1stミニアルバム「SQUARE UP」のトラックリストを公開した。

デビューした頃から共にしてきたプロデューサーTEDDYが全曲のプロデュースを務め、BLACKPINKの音楽的世界観を広げ、完璧に具現化した。

写真=YG ENTERTAINMENT
タイトル曲「DDU-DU DDU-DU」に続き、2番トラック「FOREVER YOUNG」、3番トラック「REALLY」、最後のトラック「SEE U LATER」が収録される。

2番トラック「FOREVER YOUNG」はTEDDYが作詞・作曲し、FUTURE BOUNCEが作曲と編曲を務め、R.TEEが編曲に参加した。「REALLY」は作詞にTEDDYとDANNY CHUNGが、作曲にTEDDYとCHOICE37が参加、編曲はCHOICE37が担当した。「SEE U LATER」もTEDDYが作詞・作曲し、R.TEEと24が作曲と編曲を務めた。

「SQUARE UP」はBLACKPINKがデビューした頃から披露してきた「SQUARE」シリーズだ。デビューアルバム「SQUARE ONE」、2枚目のアルバム「SQUARE TWO」の延長線上にあり、次第に発展するBLACKPINKの音楽の世界観を見せてくれるアルバムだ。

BLACKPINKは先月13日、「最後のように」のミュージックビデオが「BOOMBAYAH」の自身最高記録を塗り替え、韓国のガールズグループ史上最短期間で再生回数3億回を突破する記録を打ち立てた。それと共に「口笛」と「火遊び」が再生回数2億回、「STAY」も1億回で全5曲が再生回数1億回を突破し、凄まじい人気を証明した。

リアリティ番組「BLACKPINKハウス」も公開から4ヶ月で再生回数1億回という驚くべき記録を打ち立て、もう一度高い人気を証明した。

音楽界を揺るがすBLACKPINKの1stミニアルバム「SQUARE UP」は、15日に発売される。

記者 : チョン・ジウォン