「SUITS」パク・ヒョンシク&コ・ソンヒ、キスでお互いの気持ちを確認

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=KBS 2TV「SUITS」放送画面キャプチャー
コ・ソンヒとパク・ヒョンシクのロマンスが、初キスと共に急進展した。

30日、韓国で放送されたKBS 2TV「SUITS」(演出:キム・ジヌ、脚本:キム・ジョンミン)第11話では、キム・ジナ(コ・ソンヒ)とコ・ヨヌ(パク・ヒョンシク)がお互いの気持ちを積極的に確認し、関係が発展する場面が描かれた。

コ・ヨヌと共にチョンアン出版社の著作権侵害事件を解決していたキム・ジナは、彼にお互いについて知っていることがないと吐露した。コ・ヨヌがどんな人なのか知りたいという気持ちをひっそり表したもの。コ・ヨヌは自分もキム・ジナのことを心配していると打ち明けた。キム・ジナはコ・ヨヌに自ら近づき、短く口付けをし、その後深い口付けを通してお互いの気持ちを確認した。

二人の関係は、著作権侵害事件を共に解決しながらより発展した。キム・ジナはコ・ヨヌに法律的アドバイスだけでなく、心理的アドバイスを惜しまず、コ・ヨヌの成長を手伝った。コ・ヨヌもキム・ジナが特定の恐怖症を乗り越え、勇気を出せるように手伝い、信頼を深めた。

コ・ソンヒは仕事だけでなく、愛を勝ち取る堂々としたパラリーガル(Paralegal)キム・ジナのキャラクターを完成している。特に愛する人に積極的にアプローチする主体的で活気あふれる女性像を見せてくれたのはもちろん、パク・ヒョンシクと甘いケミ(ケミストリー、相手との相性)を織り成し、視聴者に次世代ロマンスクィーンとして印象を残した。

記者 : キム・ジヒョン