ソン・ダムビ、キーイーストと再契約…下半期の映画出演に高まる期待

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
歌手兼女優ソン・ダムビが現所属事務所キーイーストと再契約を結び、下半期の映画出演を予告した。

「Crazy」「土曜日の夜に」「Queen」など数多くのヒット曲を通じて、歌姫の座にのし上がったソン・ダムビは、2009年に演技デビュー、2012年にMBCドラマ「光と影」を通じて「第20回大韓民国文化芸能大賞」の女性新人賞と「MBC演技大賞」特別企画部門で女性優秀賞を受賞し、女優としても認められた。

ソン・ダムビは演技活動に集中するため、2015年にキーイーストと手を組んで、ドラマ、演劇、映画、芸能、広告など多方面で精力的な活動を繰り広げてきた。自由奔放なシングル女子から捜査一課のハードな刑事まで、様々なキャラクターに変身して演技者としての地位を固めた。特に2017年には、喜劇のお手本だとされている演劇「スペシャルライアー」を通じて観客と出会い、白々しい演技と舞台掌握力で好評を得た。

またソン・ダムビは、スクリーンデビューも控えている。俳優ソン・ドンイル、クォン・サンウ、イ・グァンスと呼吸を合わせた映画「探偵なふたり:リターンズ」と、キム・イングォン、チョン・サンフン、キム・ソンチョルと一緒に出演する「裏切りのバラ」の両方が、今夏に韓国で公開される予定だ。特に「裏切りのバラ」はソン・ダムビの初めてのスクリーン主演作で、ソン・ダムビのフィルモグラフィーをさらにしっかりと満たすものと思われる。

このように、ソン・ダムビは女優としての地位を確固たるものにし、活動領域を広げていく重要な時期に、再びキーイーストと再契約を成功させ、互いに対する信頼を確認した。

キーイーストのマネジメント部門代表ホン・ミンギ副社長は、「ソン・ダムビは歌、演技、MCなど多様な才能と実力を備えたアーティストだ。特に演技への情熱がすごい。3年間一緒にしながら、女優として活動領域を広げる成果を成し遂げて喜んでいる」とし、「今後ソン・ダムビがより大きく飛躍することができるように、全面的な支援とマネジメントを約束する」と伝えた。

ソン・ダムビが出演する映画「探偵なふたり:リターンズ」は6月13日に、「裏切りのバラ」は8月に韓国での公開を控えている。

記者 : シン・ソウォン