キム・ミンジェ「ヨ・ジングに似ている?大学時代の友達は…」

TVREPORT |

俳優キム・ミンジェが「ヨ・ジングに似ている」という話について、自身の考えを明らかにした。

最近、映画「レッスル!」(監督:キム・デウン)に出演したキム・ミンジェが、ソウル鍾路(チョンノ)区八判洞(パルパンドン)で行われたラウンドインタビューに参加した。

「レッスル!」は、元レスラーから家事上手なパパになって20年が経った親バカのクィボが、ある人物と絡むことになり、今まで平和だった日常に大きな変化が訪れるストーリーを描く映画だ。

ドラマ「浪漫ドクターキム・サブ」「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」で注目を浴びたキム・ミンジェは、将来が有望なレスリング選手のソンウン役を熱演した。ソンウンはレスリングの韓国代表となって、父クィボ(ユ・ヘジン)の首に金メダルをかけてあげたいという目標を持っている息子だ。

キム・ミンジェは「ヨ・ジングに似ているという話があるが」という質問に「どう反応すればいいですか? 」と答え、笑いを誘った。

キム・ミンジェは「ヨ・ジングとは学校の同期(中央大学の演劇映画科)です。在学していた時は、一緒に食事をしたり、授業を受けていました。周りの友達は、ジングと僕が一緒にいると似ていないと言っていました」と話した。

キム・ミンジェは「声も似ている」という話には「ジングの声の方がもっと低いです。その声の低さを例えると、地下300階くらいにはなると思います」と冗談を言った。

映画「レッスル!」は現在、韓国で上映中だ。

記者 : キム・スジョン、写真 : キム・ジェチャン