アジア最大級の音楽授賞式「2017 MAMA」10月19日よりノミニー投票開始!日本からの投票も可能

KSTYLE |

(C) CJ E&M Corporation, all rights reserved
アジア最大級の音楽授賞式「Mnet Asian Music Awards」(以下MAMA)。

「MAMA」は、今年で9回目を迎えるCJ E&M主催のアジア最大級の音楽授賞式である。1999年に「Mnet KM MUSIC Festival(MKMF)」としてスタートし、約10年間は韓国国内で開催。2009年より名称を「Mnet Asian Music Awards」に変更。2010年マカオでの開催を皮切りに、2011年にシンガポール、2012年~2016年には香港で開催。世界中の音楽ファンが楽しむことのできる、アジア最高の音楽祭として成長し続けている。

「2017 MAMA」の新しいコンセプトである“共存”には、ベトナム・日本・香港の3ヶ国での開催を通じて、多様な言語と文化を持った人々が交流し調和する、唯一無二のグローバルな音楽祭という意味が込められている。同様に、今回新たに発表されたイベントロゴも音楽の波長、そして人と人とのハーモニーを表現している。「2017 MAMA」は音楽を愛する全世界の人々がひとつになるグローバル音楽授賞式として成長することで、音楽市場の融合と交流をさらに拡大して行く計画です。

ベトナム(11月25日) では“2017 MAMA Premiere In Vietnam”が開催され、今年輝きを放っていたタイ、シンガポールなどのアジアンアーティストが受賞者として出演し、パフォーマンスが準備されていることから、MAMAの期待感を高めている。日本(11月29日) では“2017 MAMA In Japan”として、メインイベントが開催される香港(12月1日) では“2017 MAMA In Hong Kong”と題して行う予定だ。MAMA開催国の増加にあわせて、さらに豪華な出演者陣とステージを構成中で、多様なアーティストのパフォーマンスを楽しむことが出来る。特に香港では“共存”の一環として“2017 MAMA Professional Categories”(11月30日) を開催。アーティストだけではなくアジアの音楽産業に携わるすべての人々を一緒に盛り上げる。

明日(19日) 17時からは、Mnetで「2017 MAMA ノミネーション」を日韓同時放送する。

MCには、キム・イルジュンとパク・ソヒョンが抜擢。安定感のある司会に定評があるキム・イルジュンと、アイドル専門家で有名なパク・ソヒョンによる進行でお届け。

昨年のノミネーション放送とは異なり、今年は専門家も登場する予定だ。作詞家のキム・イナは今年1年間の音楽界のトレンドに対する専門的ならではの的確なトークを、そして音楽界と芸能界をまたいで精力的に活動中のラッパーDinDinは、専門的なトークはもちろんのこと、豊富な話題で当番組に楽しさのスパイスを加えてくれるだろう。

「2017 MAMA ノミネーション」放送終了後の同日18時からは、2017 MAMA 公式ホームページ(2017mama.com) を通じて投票を開始する。例年に比べ「2017 MAMA」は、ノミネーション審査内容がアップグレードされ、審査部門名称が変わる。既存の韓国国内での審査基準はK-POP部門、海外部門はアジア音楽部門へ、ベストラップパフォーマンス部門はベストヒップホップ&アーバンミュージック部門へと拡大しました。審査基準も強化し、公正性を高める計画だ。2017年のMAMAの候補者は、2017 MAMA公式ホームページを通じて複数の言語で公開される予定だ。

ノミニーアーティストは、2016年10月27日から2017年10月18日までの期間に音源を発表した、影響力のあるアーティストを対象に選出される。一般投票、そしてMAMA専門家の審査により、最終受賞者を決定する。

チケットは、日本とベトナムが10月23日から、香港は10月27日から販売開始する予定だ。

2017 MAMA 公式ホームページでは、日本からの投票も可能になっている(日本語表示あり)。詳細については、2017 MAMA公式ホームページ(2017mama.com) または、公式のSNSアカウントで確認できる(公式SNSは日本語表記なし)。

記者 : Kstyle編集部