VIXX レオ&ラビのユニットLR、新曲「Whisper」MVを公開…情熱的なパフォーマンスに“視線集中”

OSEN |

写真=「Whisper」MVキャプチャー
VIXXのユニットVIXX LRがVIXXとは違うカラーで戻ってきた。さらにトレンディで感性は豊かになった。

VIXX LRは昨日(28日) 午後6時、韓国の各音楽配信サイトを通じて2ndミニアルバム「Whisper」を発売した。

「Whisper」はVIXX LRが2年ぶりに発売するアルバムで、今回も全曲の作詞・作曲・プロデュースを手がけ、アーティストとしての能力を見せつけた。

VIXX LRは今回「冷静と情熱の間」をコンセプトとして打ち立てた。これに先駆けて、1人の人格体が持つ2つの相反する感情について表現した彼らは、今回は2人の人格体が状況によってそれぞれの感情を違うように、時には同じように感じて表現しながら変わっていく姿を感覚的に表現した。

ラビが作詞・作曲したタイトル曲「Whisper」は、VIXX LRとしてのレオとラビの魅力が最大限に引き出されている、洗練されたヒップホップ曲だ。繊細ながらも冷たいレオのボーカルと、パワフルながらもグルービーなラビのラップは「冷静と情熱の間」という感情を音楽で表現しているようだ。

VIXX LRは「Tell me your love/僕を溶かせるほど/僕の胸をくすぐってくれ/Show me your love」「そっとWhisper to me girl/Whisper to me/しずかだけど危険な/この感じ 君は僕を具体的にFlexin」などセクシーな雰囲気を醸し出す。そこにレオとラビの歌声が甘い雰囲気を倍増させる。

ミュージックビデオにも「Whisper」の感性がそのまま表れている。VIXX LRは「冷静と情熱の間」という感覚的なキーワードをトレンディなカラーや線、糸、イヤホンなど独特なアイテムで表現した。

特に曲の後半、レオとラビが披露する情熱的なパフォーマンスは、感情を一気に爆発させ、カタルシス(解放感) をもたらす。

このようにVIXX LRは今回の「Whisper」を通じて、アイドルを超えてアーティストとして一層成長した音楽性を証明した。2年間VIXX LRを待ってきたファンの期待を満たしたのだ。彼らが脱アイドルな活動を展開している中で「Whisper」はどれだけの人気を得るか、関心が高まっている。

記者 : キム・ウネ