BLACKPINK「a-nation」トップバッターとして初登場!デビューを控え、本格的に日本活動スタート

KSTYLE |

8月27日(日)、国内最大級フェス「a-nation 2017」にBLAKCPINKがトップバッターとして初登場し、8月30日(水) にリリースする日本デビューミニアルバムに向けて本格的に日本での活動をスタートした。

当日味の素スタジアムに集結した45,000人の大観衆を前に「BOOMBAYAH」「PLAYING WITH FIRE(火遊び)」「WHISTLE(口笛)」「AS IF IT'S YOUR LAST(最後のように)」の4曲をパフォーマンスし、会場を大きく沸かせた。

オープニング映像から「BOOMBAYAH」のイントロで、ステージに登場したBLACKPINKは、会場全体に大きな歓声が巻き起こる中、激しいダンスパフォーマンスを見せ、「PLAYING WITH FIRE」まで2曲を連続で披露。

MCでは得意の日本語でジェニーが「a-nationにようこそいらっしゃいした!」とトップバッターとしての挨拶をし、ロゼは「大きなステージでライブができて感激しています」、ジスも「BLACKPINKという名前も覚えてください!」とアピール。その後「WHISTLE」、最後は韓国グループ史上最速のペースでYouTube1億回再生を突破した「AS IF IT'S YOUR LAST」を歌い、会場を盛り上げた。

BLACKPINKは、BIGBANG・PSY・WINNER・iKON等全世界をまたにかけた人気を誇るアーティストを多数擁する韓国YG ENTERTAINMENTに所属し、「アジアに舞い降りた“次世代ガールズクラッシュ”」と世界から注目が集まっているガールズグループ。YouTubeチャンネルは総再生回数が10億回を超え、日本でも7月に日本武道館で行ったデビューショーケースに20万の応募があるなど日本デビューを控え大人気。9月2日と3日には、東京と神戸でそれぞれ大型ファッションイベント「東京ガールズコレクション」「神戸コレクション」にも出演が決定している。

■関連サイト
BLACKPINK Official Website:http://ygex.jp/blackpink/

記者 : Kstyle編集部