警察側が発表「SHINee オンユを検察へ送致する予定」

10asia |

ソウル江南(カンナム) 警察署が、セクハラの疑いでSHINee オンユを検察に送致する。

あるメディアによると、ソウル江南警察署はクラブで女性の身体を触った嫌疑(強制わいせつの疑い) で、オンユを在宅起訴意見として検察に送致する計画であると、昨日(14日) 明らかにした。

警察によると、オンユは先日(12日) 午前7時10分頃、カンナムのある有名クラブで酒に酔った状態で、20代女性の身体の特定部位を3度に渡って触った疑いを持たれている。被害者は当時、30cmの高さの壇上に上がって踊っており、オンユはその横の椅子に座っていたと知らされた。

警察は被害者一行の通報を受け出動し、オンユを現行犯として逮捕し、5時間あまり調査した後に釈放した。オンユは「泥酔していて記憶にない」とし、嫌疑を否定した。

現場のCCTV(監視カメラ) の分析結果、事件現場は死角になっており、オンユが被害者を触っている姿はカメラに写っていなかった。しかし被害者と目撃者の陳述が明確で、CCTVに写った周辺の動きがその陳述と一致し、信憑性があると警察は判断した。

所属事務所のSMエンターテインメントは「DJでデビューした知人を祝うためにクラブを訪問し、酒に酔った状態で踊っていたところ、意図せず身体の接触が発生した」と解明した。また「相手も、酒に酔った状態で起きかねないハプニングであることを認識しており、どんな処罰も望んでいないという告訴取消書を提出した」と強調した。

警察関係者は「被害者が、メディアの取材で身分を明かされたりするなどの2次被害が酷く、SMの要求で告訴取消状に署名捺印したが、セクハラを受けたという事実に変わりないと陳述した」と伝えた。

SHINee オンユ、検察への送致にSMが公式コメント「疑惑は誤解、相手の意志で告訴取り下げ…調査には誠実に臨む」

記者 : キム・スギョン