チ・チャンウク、堂々とした姿で入隊…笑顔でファンと別れの挨拶

OSEN |

写真=イ・ドンヘ
俳優チ・チャンウクが本日(14日) 入隊した。

チ・チャンウクは14日午後、江原道(カンウォンド) 鉄原(チョルウォン) 郡にある第3師団の新兵教育隊に入所した。彼はここで6週間の基礎軍事訓練を受けた後、現役として服務する。

同日現場には中国、日本、フィリピン、台湾、香港などから来たファンがチ・チャンウクを見送るために集まった。ファンは悪天候にも関わらず、最後まで席を守り、チ・チャンウクの登場を待っていた。

写真=イ・ドンヘ
同日午後1時45分頃、姿を見せたチ・チャンウクは、黒いTシャツと赤い帽子を被ってファンの歓声の中、登場した。彼は特別な感想は語らず、短い挨拶だけを残して入場した。

彼は帽子を取って短く髪を切った姿を公開し、取材陣の前でポーズを取った。続けて彼は「ありがとうございます」という短い挨拶を残し、現場に集まった韓国国内外のファンに手を振ってから凛々しく、堂々とした姿でその場を去った。

チ・チャンウクは入隊前まで精力的に活動し、最後までファンと共にした。最近韓国で放送を終了したSBS「怪しいパートナー」でナム・ジヒョンと愛らしいカップル演技を披露し女心をときめかせたチ・チャンウクは、放送終了後にもインタビューや放送出演、コンサートを通じて入隊前に視聴者とファンに挨拶を伝えた。

写真=イ・ドンヘ
チ・チャンウクは、最近行われたインタビューで入隊について「遅くなっただけに楽しく、元気に最善を尽くす」と覚悟を語った。

入隊後の計画については「たくさん考えてみた。言語も勉強し、色々な計画を立てたが、実際に行ったらできないことを分かっているので、その中にいる人々と仲良く過ごす方向にまとめた。おそらくほとんどが若い方々だろうが、その人の人生にとって意味のある人になりたい。たくさん話もしたい。僕の人生にとって幸せな時間を作ってきたら、振り返ってみてもその時間がもったいないことはないだろうと思う」と感想を語り、心を和ませた。

2008年にデビューしたチ・チャンウクは、デビュー10年目の今年、入隊することになった。ミュージカル「スリル・ミー」「あの日々」「Jack the Ripper」に出演し、ミュージカル俳優として活動しただけでなく、ドラマ「笑ってトンへ」「武士ペク・ドンス」「奇皇后」「THE K2」「怪しいパートナー」など、さまざまなジャンルで活躍した。また「男子取扱説明書」「操作された都市」などの映画にも出演した。

人気俳優チ・チャンウク、入隊現場に登場…世界中のファンが集結

チ・チャンウク、本日(14日)入隊!坊主でもイケメンな姿に“視線集中”

記者 : チ・ミンギョン