チャン・ヨンナム、映画「ザ・ネゴシエーション」に出演確定…ヒョンビン&ソン・イェジンと共演

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
女優チャン・ヨンナムが映画「ザ・ネゴシエーション」の出演を確定した。

チャン・ヨンナムは映画「ザ・ネゴシエーション」(監督:イ・ジョンソク) に合流し、ソン・イェジン、ヒョンビン、キム・サンホ、チャン・グァンなど忠武路(チュンムロ:韓国映画界の代名詞) を代表する俳優たちと呼吸を合わせる。

映画「ザ・ネゴシエーション」は、ソウル地方警察庁の危機交渉チームの有能な交渉家が自身の上司を拉致したテロリストと対峙し、起きる事件を描いた犯罪スリラーだ。

チャン・ヨンナムが演じるハン課長は劇中、ソン・イェジンが演じる交渉家をサポートする役割だ。ソウル地方警察庁のスマートで能力ある外事科の課長であり、人の心を慰めることができる、理性と感性が共存する暖かい姿を披露する予定だ。

チャン・ヨンナムは「映画『国際市場で逢いましょう』を通じて、一緒に作業したイ・ジョンソク監督と『ザ・ネゴシエーション』で会うことになって、嬉しい。いつも信頼を与えるスタッフたちともう一度作業することができて幸せだ。ヒョンビンさんとも『共助』以来、また呼吸を合わせることになって嬉しい。ソン・イェジンさんとの共演も楽しみだ。最後まで素晴らしい作品を作るため努力する」と感想を伝えた。

演劇舞台で築いてきた抜群の演技力で人たちに愛されてきたチャン・ヨンナムは、今年上半期の映画「共助」を皮切りに現在、人気を博しているSBSドラマ「猟奇的な彼女」でキョヌの母ホ氏役を演じて、可愛い魅力をアピールしている。また、7月に韓国で放送を控えているMBCドラマ「王は愛する」では荘穆王后に変身し、もう一度演技変身を予告した。

「ザ・ネゴシエーション」は先月17日から撮影に突入した。

記者 : シン・ソウォン