シム・ウンギョン主演映画「歩き王」韓国で10/20公開決定!(動画あり)

MYDAILY |

写真=CGVアートハウス
映画「歩き王」(監督:ペク・スンファ、制作:インディストーリー、配給:CGVアートハウス) が10月20日の韓国公開を確定し、メイン予告編を公開した。

「歩き王」は無条件に早く、努力を強要する社会に対して、やりたいことや夢もない先天性乗り物酔い症候群の女子高校生マンボクが、自身の人生を変えた競歩を通じて孤軍奮闘し、自身を見つめる物語を描いた作品だ。

今回公開した「歩き王」のメイン予告映像は、先天性の乗り物酔い症候群のおかげで歩くことに自信があるマンボクが、ひょんなことから競歩を始めることとなり、初めて自分の夢に向かって走る姿が映し出されている。

夢も情熱もなかったマンボクが、競歩を楽しんだり、競歩のために練習を重ねる姿は、彼女の人生に訪れたそれが人生の驚くべきの転換期であることを予感させる。

しかし、マンボクの人生のハードルだった乗り物酔いが再び彼女の競歩人生の壁になる。そんなマンボクに向かって変わらず「諦めずに夢に対する情熱と切なさ」を説き「頑張って走るべきだ」という世間の叫びに反して現実は、マンボクを萎縮させるばかり。「辛いのに、なぜ我慢しなければならないですか?」という強烈なセリフと共に「このままでも大丈夫だ」「誰がなんと言ってもマイウェイ」というキャッチコピーは、無限で前向きなエネルギーで夢に向かって進んでいくマンボクの姿を期待させる。

「少し遅くてもいいんじゃない?」というマンボクのセリフは、走ることを強いられる世の中のすべての若者たちに“遅くても大丈夫だ”という温かなメッセージを送る。

映画「歩き王」は、韓国で来月20日より公開。

記者 : シン・ソウォン